Topics:新着情報(安下庄校舎)

ニホンアワサンゴ、ついに産卵!

本校普通科環境コースの生徒たちが周防大島町地家室沖で採取したニホンアワサンゴですが、このたび産卵し、水槽の中でたくさんのプラヌラ幼生が泳いでいるのが確認されました。
また、知らない間に一緒に水槽に入れておいた岩に着底し、小さなサンゴに育っている個体もあります。
これからも水温管理をしっかり行いながら、たくさんの個体が無事大きく成長していけるよう、飼育を続けていきたいと思います。

 

 ① 触手に卵を抱えているサンゴ

 

 ② 水槽を泳ぐプラヌラ幼生

 

 ③ プラヌラ幼生

 

 ④ 岩で成長するサンゴの個体

2022年10月05日

【地域創生科】 夢塩プロジェクト by Ryujin × Suo-Oshima H.S. “生徒主体で新商品を考えよう”

9月28日(水) ビジネスコースは「地域創生」の授業で龍神乃鹽の新商品開発に向けて取り組みました。今回は、1学期や夏休みに講師に来られた方々の知識や教えを取り入れながら生徒主体で販売したい商品を考えていきました。龍神乃鹽の塩を材料にどのように入れるかを生徒たちで話し合いました。また、商品として売るモノだけでなく、クレストオブザウェイブ立岩(レストラン)で提供できるメニューも考えていきました。商品案として10個以上考えることができました。
引き続き、お客様が笑顔になれる商品づくりの完成に向けて頑張っていきます。

 

2022年09月30日

アロハフラ・島高がふるさと提灯夜市に参加しました。

9月24日(土) 大島グラウンドで行われた「ふるさと提灯夜市」に参加しました。4名という少ない人数での出演となりましたが、笑顔を忘れずに4曲を踊りきりました。地元の皆様からの声援が力となって、楽しんでフラを披露することができたようです。
ふるさと提灯夜市に参加させていただき、ありがとうございました!

 

 

 

2022年09月30日

地域みらい留学合同説明会2022(東京)

 地域みらい留学とは、都道府県の枠を越えて、地域の高校に入学し、充実した高校生活を送るためにある制度です。昨年度までの2年間は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ひたすらオンラインで情報発信を行っていましたが、今年度は30県73校が、東京の代々木、国立オリンピック記念青少年総合センターに一堂に介し、対面で合同説明会を実施しました。本校もその1校として会場にブースを設け、事前予約を行ってくださった多くの中学生やその保護者の方々に対し、30分という短い時間ではありましたが本校の魅力をお伝えさせていただきました。
 また、東京都出身でこの制度を利用して7年前に本校に入学し、卒業後は自治医科大学医学部に進学した天野康弘くんも駆けつけてくれて、概要説明後の残り時間で体験談も話してもらいました。
 さらに、フリー交流タイムでも、中学1・2年生や、予約で一度来られた方がもっと詳しい情報が聞きたいと再度足を運んでくださるなど、大変有意義な時間を過ごすことができました。
 御来場いただいた中学生の皆さん、保護者の皆様、本当にありがとうございました。皆さんの入学を教職員一同楽しみにしています。一緒に周防大島でしかできないイキイキ・ワクワクした素晴らしい体験をしましょう。

 

 

 

 

2022年09月28日

【環境科学Ⅰ】アワサンゴを守る里山の整備

9月22日(木) 海の栄養分は山の落ち葉などが川などによって運ばれるということから、海と山は深くつながっています。
「アワサンゴが住む地家室付近の環境を守る!」ということで、本日は、地家室の水仙の里にて、地域の方々と一緒に水仙の球根植えを行いました。
年明けには、きれいな花が咲くようです!
先輩方が移植した杏の木も大きくなってきています。
しっかりと山を守ると同時に、多くの人が集まり、環境について見て・体験し・考えるきっかけとなる場所になれば良いなぁと思います。

 

 

2022年09月28日

【環境科学Ⅰ】水槽内微生物の観察

9月15日(木) 岩国市ミクロ生物館より末友様を講師としてお招きし、ニホンアワサンゴの水槽内の微生物の観察を行いました。
顕微鏡での観察したものを、末友先生にどんな生物か確認していただき、画面でみんなで共有していきました。
岩ガキを取り出して以降、植物プランクトンが水槽に多く付着したり、水槽内の水が白っぽくなっていたりと水槽内にいろんな変化が起こっています。
まだまだ分からないことが多いニホンアワサンゴの飼育ですが、水槽内の微生物の様子をからより良い二ホンアワサンゴの生育環境について調査していきます。

 

 

 

2022年09月28日

【環境科学Ⅱ】岩ガキの取り出し!

9月12日(月) 水槽内の岩ガキもまもなく産卵の時期を迎えるということで、自然と釣りのネットワーク理事の藤本様を講師にお招きし、水槽内の岩ガキの取り出しを行い、身の様子を観察しました。
岩ガキのおかげで、昨年より水槽内の藻の増殖が少なかったり、換水頻度が少なくて済んだので、どのくらい成長しているのだろうと楽しみにしていたのですが、思ったより身の成長が見られませんでした。水槽内なので、自然の海に比べて餌となるプランクトンが少なかったとも思われます。また、植物プランクトンを餌にしていたせいなのか分かりませんが、身の部分が少し緑がかった色になっていました。

 

 

 

2022年09月28日

【2年次:スポーツV】カヌー体験

9月20日(火) 周防大島町のB&G海洋センターで「カヌー体験」をしました。
スポーツⅤの授業では、生涯体育につながる野外での活動に取り組んでいます。当日は、台風14号の影響で風や波が心配されましたが、湾内でのカヌー体験なら可能ということで、B&Gの職員の方の御指導の下、実施しました。
生徒は、初めてのカヌーに悪戦苦闘しながらマリンスポーツを楽しんでいました。
B&G海洋センターの職員の皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

2022年09月22日

第51回室積いきいきサロンに参加しました。

9月17日(土) 光市で行われた室積地区社会福祉協議会が主催する「室積いきいきサロン」でフラを披露しました。
今回はフラメンバー4名と司会進行役として地域創生科福祉コースから1名の生徒が参加しました。フラの披露だけでなく、衣装や振り付けの紹介をしたり、写真撮影をしたりして、参加していただいた方々と交流を深めました。交流を終えて、参加した全員が「みなさんが歓迎してくださって嬉しかった。」「高齢者の方と交流できてよい経験になった。」と話しており、とても充実した時間を過ごせたようです。福祉コースの生徒は、夏に行われた施設実習の経験やこれまでの福祉の学びを生かし、参加されていた方と上手にコミュニケーションをとっていました。
室積いきいきサロンに参加させていただき、ありがとうございました!

 

 

 

2022年09月22日

「高校生が考える みんなが笑顔になるミカンジュース」

9月15日(木) 地元の農業家 國司さんが来校されました。
「若者の地域離れ」や「地域産業の衰退」が叫ばれる昨今。地域産業もアイデア次第で自立もできるし、何より地元の高校生が、地域産業を活用し、地域への愛着や誇りをもつことになればと、美術部にミカンジュースのラベルデザインの依頼がありました。
國司さんの大きな志のもと、地域の大人と高校生がタッグを組んでよりよい製品にしようという、事業創生のひとつが始動しました。

 

2022年09月20日

異校種交流

9月14日(水) 本校の近所にある安下庄小学校の先生が異校種交流として本校で研修されました。本校の現状、HR見学、授業参観、部活動見学等を通して、小学校とは違った一面を吸収されました。今後も様々な行事を通して、小・高の連携を深めることができればと思っています。

 

 

 

 

 

 

2022年09月20日

「周防大島町 地域循環共生圏プラットフォーム事業」スタート

今年度より本校独自の学校設定教科「地域創生」の授業において、(株)YMFG ZONEプラニング(通称YM-ゾップ)様に加わっていただき周防大島町の「地域循環共生圏プラットフォーム」づくりを行っていきます。具体的には①本校と連携した地域循環共生圏教育モデル(ESD)の推進、②ニホンアワサンゴ等の自然保護・資源活用強化事業、③民間企業と連携した自然の保全・地域資源活用プロジェクトの推進、などです。そのため、これから沢山の企業、団体、個人、さらには国や県、町などの行政にも関わっていただかなければならないため、まずは一番のコアとなる関係者((株)YM-ゾップ、環境省、周防大島町、EPOちゅうごく、(株)KAIKA等)に集まっていただき意見交換会を行いました。また、本校「地域創生」の授業も見学してもらい、多いのアドバイスもいただきました。

 

 

 

 

 

2022年09月14日

就職希望者へのPTA役員による面接練習

9月9日(金)放課後 PTA役員の方々に御協力をいただき、3年次生就職希望者の面接練習を実施しました。生徒たちは普段とは違った雰囲気の中で面接練習に臨みました。面接練習後は、PTA役員の方々から多くのアドバイスをいただきました。就職試験本番ではいただいたアドバイスを忘れず、全力を尽くしてほしいです!

 

 

 

 

2022年09月13日

【フィールドワークⅠ(防災コース)】「防災ボランティア活動講話」

9月8日(木) 「災害ボランティア活動」と題して、防災士の幸坂美彦様からご講話をいただきました。講話では、ご自身がこれまで経験された被災地でのボランティア活動や、心構え、防災に備えるためにはどのようなことに気を付ければよいかなどの話がありました。その後、防災ボランティアについて「自分たちにできること、何が必要か、どのように活動していくか」を各グループて話し合い、付箋に意見をまとめ発表しました。
生徒は、大半が災害ボランティアに参加したことがなく、災害時に何ができるか、高校生として地域の中でどのようなことができるかを考える良い機会となりました。

 

 

 

 

2022年09月13日

【第2回進路の日】

9月7日(水) 全校生徒を対象とした「第2回進路の日」を開催しました。当日は、模試・面接練習・出前講義などを行いました。面接練習では、仕事センターから講師の方に来校していただき、わかりやすく面接内容について説明していただきました。また、就職希望者は、実際に個別の面接指導を行い、一人ひとり丁寧に指導していただきました。出前講義では、多くの大学・専門学校・企業の方に来校していただき、普段学ぶことができない専門知識を身に付けることができました。
本日、学んだことを活かし、進路実現に向けて取り組んでいきたいと思います。来校された講師の方々、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

2022年09月08日

【第13回 周防大島高校体育祭!】

夏休み明けの9月4日(日) 第13回周防大島高校体育祭を開催しました。台風の影響が心配されましたが、生徒の願いが叶ったのか、快晴のもと行うことができました。
今年度は3年ぶりに保護者の方々へ公開となり、生徒たちは、はりきって競技に臨み、応援合戦、100m走、タイヤ奪いなどなど白熱の戦いを見せてくれました。特に、今年で最後の体育祭となる3年生は気合十分、1・2年生を引っ張って、全力で取り組んでいました。
最後まで一進一退の攻防が続き、僅差で紅隊の勝利となりましたが、紅隊・白隊ともに晴れやかな表情を見せていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年09月07日

【地域創生科】 夢塩プロジェクト by Ryujin × Suo-Oshima H.S. “若い発想力・想像力を高めよう”

ビジネスコースは、夏休み中も定期的に集まり、商品開発に向けて出前授業やオンライン授業を行いました。夏休みからはブランディングの専門家でもある稲葉綾子様に来校していただきマーケティングの考え方やロングセラー商品、流行りの商品について詳しく説明していただきました。また、龍神乃鹽の商品を開発する上で必要な発想力・想像力の引き出し方については、ロールプレイングを行い、様々な角度で考え、能力を高めました。2学期は、学んだことを活かして商品開発に向けて取り組んでいきます。引き続きよろしくお願いします。

 

 

2022年09月02日

ふれあい夢通信 第67号(2022秋号)のお知らせ

9月1日より、「ふれあい夢通信」ホームページに「第67号(2022秋号)」を掲載しました。県教育・イベント情報など、本県教育に関する様々な情報が得られますので御一読下さい。

○「ふれあい夢通信」ホームページアドレス
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/site/kyouiku/26130.html

 

○「ふれあい夢通信」QRコード

2022年09月02日

【2学期 開始!】

9月1日(木) いよいよ第2学期が始まりました。午前中に賞状披露、アロハ・フラ島高報告会、第2学期始業式と各部指導を体育館で行いました。
最初に、陸上競技部、吹奏楽部と書道展に出品した生徒の賞状披露を行いました。続いて、フラガールズ甲子園第10回大会に出場したアロハ・フラ島高から結果報告がありました。フラメンバーたちは、夏休み中も暑い中、一生懸命練習を続け、今回初めて特別賞(第7位入賞)を受賞しました。これまで支えてくださった地域の皆さま、また、声援を送ってくださった方々、ありがとうございました。今後とも生徒たちの応援をよろしくお願いします。
始業式では、校長先生が式辞の中で「社会関係資本」についてお話され、高校3年間で交友関係を広げることの大切さを生徒に伝えました。かけがえのない周防大島高校での3年間を仲間たちと共に、充実したものにしてもらいたいと思います。最後に、各分掌部長から第2学期をスタートするにあたり気をつけてほしいことについての言葉かけがありました。
2学期も感染症対策を徹底し、より充実した教育活動を行ってまいります。

 

 

 

 

 

2022年09月01日

アロハ・フラ島高が「ひろしま国際平和文化祭」に出演しました。

8月28日(日) アロハ・フラ島高が広島市の中工場で開催された「ひろしま国際平和文化祭(HIROSHIMA FESTIVAL 2022)」に出演してきました。今回のステージでは、4曲披露させていただきました。本校の出演時間が14:05からでしたのでとても暑い中でしたが、最後までしっかりと踊りきり、会場から多くの拍手をいただきました。広島県の方々にも元気と笑顔を届け、アロハ・フラ島高を知っていただけたイベントとなりました。

 

 

 

2022年08月31日

アロハ・フラ島高~夏の活動の集大成~

8月27日(土) 周防大島町において山口県とハワイ州との姉妹提携締結調印式が行われました。その歓迎レセプションに2、3年生9名が参加し、フラを披露しました。ハワイ州の方たちと「アロハの心」で繋がることができたのではないかと思います。
その後、グリーンステイながうらに移動し、「サタフラ(サタデーフラ)」にも出演しました。7月から始まった「瀬戸内のハワイ」周防大島の夏の風物詩「サタフラ」も今回がファイナルとなりました。今回はフラガールズ甲子園で踊った2曲を披露。これまで応援してくださった方たちに感謝の気持ちを込めて踊りました。
この夏、フラを通して素敵な出会いが沢山ありました。周りの方からの支えを胸に、今後も地域の皆様に笑顔を届けられる活動をしていきたいと思っています。

 

 

 

 

2022年08月31日

「フラガールズ甲子園」のご報告です。

8月21日(日) 福島県いわき市で開催された全国高等学校フラ競技大会「フラガールズ甲子園」に“アロハ・フラ島高”が参加し、特別賞(7位入賞)をいただくことができました。
メンバーのみんなは、「初めての甲子園で不安もありましたが、改めてたくさんの方々に支えられていることを実感し、感謝の気持ちでいっぱいです。憧れのステージに立ててとても嬉しかったです!」と話していました。
翌22日(月)には、映画「フラガール(2006年)」の舞台にもなったスパリゾートハワイアンズで、入賞校だけが披露できるエキシビションが行われ、そこでもフラを披露させていただくことができました!
これからも、アロハ・フラ島高は地域に元気と笑顔を届ける活動をしていきます!今後も応援よろしくお願いします。

 

 

 

2022年08月31日

【「地域みらい留学」に参加している中学生、保護者の皆様へ】9月3日(土)、4日(日) オンライン合説及び9月24日(土) 対面合説について(お知らせ)

 本校も参画している「地域みらい留学」ですが、本校では9月3日(土) 体育祭予行、4日(日) 体育祭本番のため、3日のテーマ別説明会、4日の6分間学校説明会ともに残念ながら参画しません。
 その代わり、9月24日(土) 東京で行われる対面合説には参画しますので、「本校に興味があるけどまだ悩んでいる」、「もう少し詳しく聞いてみたい」、「実際に会って話がしてみたい」など、現在御検討中の方やお悩み中の方はぜひ、この機会を御利用ください。

■【地域みらい留学】9/24予約制対面個別相談会の御案内
<イベント概要>
開催日時:2022年9月24日(土) 11:00〜16:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター国際交流棟
主催:地域みらい留学事務局
※事前予約可能枠は、11:00〜14:30の時間帯です。
※14:30〜16:00の時間帯は、予約不要でブース訪問が可能です。

<御注意>
・各校のブースにおける相談は、新型コロナウイルスにおける感染対策のため、事前予約制となります。この日の個別相談を御希望の方は、必ず事前に御予約ください。
・新型コロナウイルスの感染拡大により、やむを得ずイベントが中止になる可能性がございます。その場合は、別途オンラインでの個別相談とさせていただきますので御了承ください。

<周防大島高校予約受付ページURL>
下記URLが本校の予約受付ページとなります。(地域みらい留学サイトとは別の予約システムとなりますので御注意ください)
① 学校別概要ページ:https://coubic.com/reservation_page/982607#pageContent
② 学校別予約ページ:https://coubic.com/reservation_page/982607/book

以上、御不明点あればお問合せください。皆様の御参加をお待ちしております!

 

2022年08月26日

フラガールズ甲子園第10回記念大会に出場します

本校生徒会活動の「アロハ・フラ島高」が8月21日(日)に福島県いわき市で行われるフラガールズ甲子園第10回記念大会に出場します。
本校の出場予定時間は13時02分(課題曲演技)、15時06分(自由曲演技)となっております。
なお、大会の様子は下記のフラガールズ甲子園チャンネル(YouTube)で同時配信されますので、ぜひ御覧ください。

ユーチューブ/フラガールズ甲子園チャンネル
https://youtu.be/cJqaMCz7--0

 

QRコード

2022年08月19日

アワサンゴの飼育についてのテレビ取材

8月16日(火) 二ホンアワサンゴの飼育についてNHKの取材がありました。
生徒が水温の管理や水槽の掃除をしている様子を撮影していただくとともに、ニホンアワサンゴの飼育を御指導いただいている藤本さんにも来ていただき、質問をしたり、話を伺っている様子を撮影していただきました。
カメラを前にしてのインタビューでは、生徒も少し緊張した様子も…。
番組の詳細については、別途お知らせさせていただきますが、どのように取り上げていただけるのか楽しみです。

 

 

2022年08月18日

イングリッシュセミナー

8月10日(水) 大島文化センターでイングリッシュセミナーを行いました。
イングリッシュセミナーには、周防大島高校の生徒をはじめ、島内の中学生が参加しました。また、複数のALTの先生や山口県立大学の学生も参加してくださり、英語を使いながら楽しくゲームや活動をしてとても盛り上がっていました。英語を使うことに慣れていない生徒たちは英語で会話をすることに苦戦していましたが、ALTの先生や大学生の方たちに助けてもらいながら、相手に伝えることができるように頑張っていました。実践的な語学力やコミュニケーション能力が育まれた実りのある1日となりました。

 

 

 

 

2022年08月18日

地域みらい留学(8月)

8月7日(日) 今年度3度目となる地域みらい留学(オンライン学校説明会)を実施しました。
今回は、午後から「6分間学校説明会」と本校単独の「個別説明会」を行い、あさなぎ寮と海南里寮の紹介、周防大島高校の学科・コース紹介をしました。生徒が中心となって発表や質疑応答などをすることで、生徒が思う周防大島高校の魅力や意見を全国の中学生に発信しました。
8月6日(土)に行われたオープンキャンパスでは、前回までのオンライン学校説明会を見て来てくださった中学生もいました。「オープンキャンパスはもう終わってしまったのか」と思ったそこのあなた!大丈夫です!10月には第2回目のオープンキャンパスがあります。少しでも興味があれば是非参加してみてください。お待ちしております。

 

2022年08月18日

普通科特別進学コース(1~3年次生)で学習合宿を行いました

8月4日(木)~6日(土) 山口県ふれあいパーク(岩国市)で学習合宿を行ってきました。1年次生から3年次生までの合計15人が参加し、講師の先生をお招きしての進路に関する講話、国語、数学、英語の講義や大学見学等、2泊3日のプログラムを通して大学入試に向けて意識を高めました。また、合宿2日目の夜には参加者で花火をして夏の思い出もつくりました。
【生徒の感想】
○3年ぶりの実施だったため、私たち3年次生にとっても初めての経験でした。学校では窓から見える海に癒されながら学習していますが、今回は山に囲まれた場所という普段と違った環境の中、とても新鮮な気持ちで集中して臨めました。
○予備校の先生の講話や、各教科の先生方の授業もとても勉強になりました。特に、現代文の授業で聞いた、初読にかけた時間の多寡と正答率とに相関関係はないという話が印象に残っています。私は今まで初読に時間をかけたために問題を解く時間が足りなくなるということがよくありました。これからは、先生から教わった「読み方」「解き方」のポイントを押さえながら問題を解いていこうと思います。
○残りの夏休みの学習への意欲が湧いてくる3日間でした。私たち3年次生にとっては勝負の夏です。志望校合格に向けて、精いっぱい頑張ろうと思います。

 

 

 

 

2022年08月18日

第1回オープンキャンパスが開催されました。

8月6日(土)、安下庄校舎にて第1回オープンキャンパスが開催されました。前日の大雨もあり、天候が心配されましたが、当日は朝から快晴で絶好のオープンキャンパス日和となりました。今年度は昨年度の申込者数を超える応募があり、大変活気あふれるオープンキャンパスとなりました。また、学生スタッフも昨年度以上の応募があり、「学校のために自分の力を活かしたい!」という気持ちをもつ生徒が多く集まって、オープンキャンパスを支えてくれました。
全体説明の後、各科・コースに分かれてそれぞれの特色を実際に学ぶ体験講座や学校内の見学、在校生との交流もあり、多様な学びを体験できるものになっていました。参加した中学生も熱心に講座を体験し、外の熱気に負けないくらい「熱い」講座体験となりました。特に人気であったのが「普通科環境科学コース」の講座で、マイクロプラスチックに関する実験や、本校でしか見ることのできないニホンアワサンゴの飼育状況を実際に見ることができ、関心の高さがうかがえました。
また、部活動見学もあり、部活動の様子や実際に部活動を体験する時間もあり、生き生きと活動する姿が各部活動で見られました。
寮見学は、こちらの予想人数を超える参加者となりました。学生スタッフの誘導により多くの方が徒歩であさなぎ寮へ移動し、寮の内部を見学したり、寮生への質問を行ったりするなど、これからの寮生活について想像と期待を膨らませることができたと思います。
次回のオープンキャンパスは10月15日(土)に開催されます。次回も多くの参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

2022年08月10日

イベント「親子でDIY!~竹を有効活用しよう~」のお知らせです!(フィールドワークⅡ 島人ぬ音楽コースより)

夏休みも中盤に差し掛かりましたが、小学生、中学生のみなさん、いかがお過ごしですが?
周防大島高校普通科普通コース3年生で、フィールドワークⅡ「島人ぬ音楽コース」を選択している生徒が、みなさんと一緒に竹の有効活用について考えるイベントを企画しています。夏休みの宿題、「自由研究」のテーマにもピッタリではないかと思います!竹で楽器を作って、竹の手作り流し台で冷たいそうめんを味わって、一緒に夏休みの思い出を作りませんか?

日時:8月28日(日) 10:00~13:00
主催:周防大島高等学校安下庄校舎 フィールドワークⅡ「島人ぬ音楽コース」
場所:周防大島高等学校安下庄校舎
対象:保護者一名につき、小学3年生から中学3年生までのお子様二名まで
内容:竹楽器作り(マラカスor竹笛)&竹の台でそうめん流し&竹に関する研究発表
参加費:525円
服装:動きやすい服装、汚れてもよい服装
持ってくる物:健康チェック表(ダウンロードし、参加者分印刷して2週間分ご記入ください)、軍手、タオル、ナイフ(竹笛作成希望者のみ、あれば)、マラカスの中身(マラカス作成希望者のみ、あれば)、飲み物
申込期間:8月6日(土)~8月16日(火)
その他:・竹笛は刃物(のこぎり、キリ、ナイフ)を使います。
    ・そうめん流しの材料については主催者側で用意します。
問い合わせ先:お電話(0820-77-1048 担当:小柳)

申込は以下のURLから回答できます。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAi1d_hrpMhJHps-xxc1ByI-HLybnQchwdIhInNAd1P6Vgsg/viewform?usp=sf_link

健康チェック表(PDF)は以下のURLからダウンロードできます。
https://drive.google.com/file/d/1_uIxHMo8X84tC-pjmWAJW38QHyOcytqe/view?usp=sharing

2022年08月10日

サタフラ出演!

7月30日(土)に、「瀬戸内のハワイ」周防大島の夏の風物詩「サタフラ(サタデーフラ)」に出演しました。
グリーンステイながうらで開催された「サタフラ」に2,3年生メンバーからこの日は9名が4曲を披露。たくさんの観客の人たちの前で笑顔で踊ることができました。
次のステージは、8月21日(土)に福島県で開催されるフラガールズ甲子園です。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止になりました。3年ぶりに開催される大会でのステージを楽しみに生徒たちは一生懸命練習に励んでいます。応援よろしくお願いします。

 

 

2022年08月10日

二ホンアワサンゴ水槽に変化が!

水槽に藻などが大量発生し、二ホンアワサンゴに元気がありません。そこで、環境省自然公園指導員の藤本正明さんに相談し、岩ガキなどの水質浄化能力のある生物を水槽に投入してみることにしました。漁師である中原さんに協力いただき、採取していただいた岩ガキなどを水槽に投入し、併せて登校してくれている3年生と一緒に水槽の換水を行いました。
また、今年度は「旧安下庄高等学校環境整備事業」を活用し、本校の卒業生である小柳様に依頼して、頑丈な水槽専用の台を作成していただきました。昨年度より見やすく、ニホンアワサンゴの生育環境に近い状態での展示が可能となりました。ありがとうございました。

 

 

 

2022年08月10日

城山小学校に学習支援ボランティアに行ってきました

7月25日(月)、26日(火) 城山小学校「学習支援ボランティア」に本校生徒11名が参加させていただきました。
ボランティアの内容は、1年生から6年生までの児童の夏休みの宿題、主に国語、算数の学習支援でした。
児童全員が緊張している様子の中、勉強会は始まりましたが、高校生の「おはようございます。今日はがんばりましょうね」という明るい挨拶と丁寧な声かけで、児童に笑顔が見え始めました。
勉強会は一人の高校生が3,4人の小学生を担当しました。教室は静まりかえり、鉛筆の走る音しか聞こえません。高校生たちは静かな声で児童のわからないところを丁寧に教えたり、一緒になって算数の計算をしていました。集中力が続く中、あっという間に終わりの時間になりました。
「こんなに静かに勉強している姿を見たことがありません、高校生のみなさんの優しい対応のおかげです。」と教頭先生から過分なるお礼の言葉をいただきました。2日目の勉強会終了後、本校生徒がフラダンスを児童に披露し大きな拍手に包まれました。
児童、高校生の日頃の学校生活では見ることのできない一面を知ることができ、お互いの可能性が見えた学習支援ボランティアになりました。

 

 

 

 

2022年08月05日

🌺第49回久賀土曜夜市🌺

7月23日(土) 久賀商店街で土曜夜市が行われ、「アロハ・フラ島高」の生徒も土曜夜市のステージでフラを4曲披露させていただきました。
地元のイベントに参加させていただき、地域の方と一緒に地域を盛り上げていけることが嬉しいです。見てくださった方々とステージの距離が近く、いつも以上に緊張しながらステージに立ちましたが、笑顔で踊ることを意識しながら楽しく踊ることができました!
現在アロハ・フラ島高は、8月21日にいわき市で行われるフラガールズ甲子園に向けて日々レッスンに取り組んでいます。土曜夜市のステージを終え、それぞれが今後意識したいことやチームとしての課題もたくさん見つかったので、21日の本番に向け、これまで以上に頑張ります!
🌺土曜夜市に参加させていただき、ありがとうございました🌺

 

 

2022年08月05日

二ホンアワサンゴの飼育に再挑戦!

7月11日(月) 環境コースでは今年も二ホンアワサンゴの飼育に挑戦するために、船で地家室へ採取に行きました。生徒自身も実際に海に潜って、自然のニホンアワサンゴの生育状況を観察するとともに、環境省自然公園指導員の藤本正明さんにニホンアワサンゴを20個体採取していただきました。昨年採取したものは、機器の故障によりすべて死滅してしまいましたが、今年は昨年の経験を生かして、ニホンアワサンゴの繁殖を目指して飼育していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2022年08月05日

【寮生日記】初めての経験

1年地域創生科の林万智です。6月17日にシンフォニア岩国で山口県高等学校総合文化祭がありました。初めて大きなステージに立ち、とても緊張しましたが、楽しく演奏することができたので良かったです。8月にはコンクールがあるので、コンクールに向けて練習を頑張っていきたいです。

2022年08月05日

友魂の碑の清掃を行いました。

7月20日(水)のLHR後、本校に設置されている「友魂の碑」の清掃を行いました。
今から77年前の1945年5月10日、現在の和木町にあった「陸軍燃料廠」がアメリカ軍の爆撃に遭い、多大な死傷者を出す惨事が発生しました。そのとき、本校から学徒勤労動員として多くの学生が働いていましたが、その空襲によって私たちの先輩である9名の方が亡くなられました。この悲惨な出来事を忘れてはならないと考えた、同期の方々が後に碑を設置されました。これが友魂の碑です。
新校舎の工事の関係で、碑の周辺に立ち入ることがままならない状況が続き、碑の清掃を含め碑を振り返る機会が減っていました。しかし、地域創生の授業やフィールドワークの授業の中で、生徒から「友魂の碑をきれいにすることで後世へ伝えることができるのではないか?」という声が上がり、碑の清掃をしようという活動が実現しました。
当日は約40名程度の生徒有志が集まり、除草作業や碑の水洗いに一生懸命取り組みました。おかげで碑の裏に刻まれていた、碑の建立の経緯についてもはっきり読み取ることができるようになりました。
清掃後は参加者全員で黙とうし、松島生徒会長による献花が行われました。抜けるような青空のもと、私たちは七十数年前の戦争を振り返り、道半ばにして命を落とされた9名の思いを私たちの手でつなげなければならないと強く思いました。

2022年07月25日

1学期終業式を行いました

令和4年1学期の終業式が7月20日(水)が行われました。式辞の中で、校長先生が我が校の「記憶」についてお話しされました。我が校には戦時中アメリカ軍の機銃掃射によって弾丸の痕のついた校務日誌があります。また、学徒勤労動員のさなかに空襲に遭い、9名もの私たちの先輩方の命が失われた事実もあります。毎年終戦の日を迎えるにあたって、私たちが忘れてはならないもの、後世に伝えなければならないものを今一度考えてほしい、ということをお話してくださいました。
77年前の悲惨な戦争について知り、二度と悲しい過ちを起こしてはならないということを改めて我々も胸に刻んでおくべきだと感じました。

2022年07月25日

生徒会認証式・交代式を行いました

7月20日(水)に生徒会認証式・交代式を行いました。松島生徒会長をはじめ、旧生徒会執行部は本校の生徒会活動をより活性化するためにあらゆる場面で尽力してくれました。体育祭や文化祭などの行事を盛り上げるだけでなく、生徒の要望の実現に向けて生徒総会や委員会活動を通じて活発に活動しました。これからは新しい生徒会執行部に仕事が引き継がれますが、さらによりよい学校となるために、自分たちの持てる力を存分に発揮してもらいたいと思います。

2022年07月25日

サタフラ2022が待望の開幕!フラガールズ甲子園第10回記念大会・中四国地区プレイベントへ参加させていただきました🌺

7月16日(土)に、「瀬戸内のハワイ」周防大島の夏の風物詩「サタフラ(サタデーフラ)」が開幕しました。
この日は、グリーンステイながうらのステージで開会行事が行われ、8月21日に福島県いわき市で開催される「第10回フラガールズ甲子園」のプレイベントに参加させていただきました。
この日は2,3年生9名が4曲を披露しました。多くの方の支えの中で、今日のステージに立たせていただいていることに感謝しながら、笑顔で踊り切りました。
次のステージは、7月30日(土)グリーンステイながうらです。甲子園の課題曲・自由曲も披露します。
グリーンステイながうらの素晴らしいロケーションの中で、思いっきり楽しんで踊りたいと思います。ぜひ、ご覧ください!

2022年07月25日

【寮生日記】令和3年度生徒会役員任期終了

 3年D組ビジネスコース岡田藍です。昨年夏に生徒会役員になって1年がたちました。スポーツマッチ、体育祭、クリーンウォーク、文化祭、生徒総会など様々な行事に携わってきました。行事を重ねるごとに自分たちの成長を感じ、充実した1年となりました。生徒会活動で得た力をこれからに生かしていきたいです。

 

2022年07月21日

AED講習会を行いました。

 7月15日(金)に柳井地区広域柳井消防署中部出張所の救急隊員の方々に来校していただき、心肺蘇生法とAEDの講習を受けました。消防士の仕事についてお話していただいたことで、消防の仕事について興味を持った生徒もいたようです。実施後のアンケートでは、生徒から「コロナの影響で人工呼吸をしない、口や鼻を近づけない、ハンカチで口元を覆うなど、心肺蘇生のやり方が変わっていることを知った」「実際にAEDが必要な時に冷静に対処できるか不安だけど、今回の講習で学んだことを生かして頑張りたい」など多くの感想が寄せられました。もしも目の前で急に誰かが倒れたら…大切な人の命を守るために、いざという時、どう行動するか学び、考える充実した講習会となりました。

 

 

 

 

 

2022年07月21日

〔2年次普通科普通コース〕フィールドワークⅠ(食コース)

 7月14日(木)5、6限 フィールドワークⅠの授業の時間に、2年次生男子4名がたちばなケアプラザで、周防大島町食生活改善推進員の方々から、郷土料理実習を受けました。今回はアジの3枚おろしの仕方から教えていただき、実際にアジフライを作りました。4人とも見事な包丁さばきでした。さらにアジフライにかけるタルタルソースや豚汁も同時に作り、実習後みんなで食べました。大変有意義な実習でした。

 

 

 

 

 

 

2022年07月21日

【地域創生科】 夢塩プロジェクト by Ryujin × Suo-Oshima H.S. “商品開発の心構え”

 7月13日(水)にビジネスコースは、2・3年次生合同で授業を行いました。始めに龍神乃里の村上さんより商品の売上金の仕組みについて話がありました。その中で、利益を得ることの難しさや売上金は欠品(返品)・人件費・光熱費等の経費でほとんどの利益を費やすので経営は甘くないということを教えてくださいました。そのため、これから先、新商品の開発に向けて進んでいきますが「遊びでプロジェクトを行うのではない」ということを全員で共通理解を高めました。また、多くの人に信頼・信用をされることが売上を伸ばすための第一歩だということにも気づきました。
 さらに、夢を達成するためには必ず「自分との戦い」があるということ。そこでは「自分を捨てる」ことも必要だと感じました。
 また、授業の中でグループ活動を行い、「売れる商品」とはどのようなものか?について討論をした後、自分たちは「売れる商品」を作るためにどのようなことをしないといけないかを考えました。今後のプロジェクトでは、「売れる商品」を作るために「自分がやらなきゃ誰がやるんだ」といった気持ちを持って取り組んでいきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

2022年07月21日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(DASH島コース)

 7月11日(月)5、6限 学校設定科目「フィールドワークⅡ」の「DASH島コース」では、柳井農林水産事務所の平田様と、JA山口県周防大島統括本部の矢原様、株式会社アイ・キャンの末岡様にお越しいただき、「大島みかん」PR動画作成についての事前指導を行っていただきました。この企画は、若い世代の果物消費量を増やすため、県内一の柑橘産地である周防大島と、その特産である「大島みかん」を若い感性を生かしてPRする動画を作成しようというものです。
 平田様、矢原様、末岡様には企画内容や柑橘の基礎と歴史、動画の作成方法と表現についてお話をいただきました。今回の講話で学んだことを踏まえて、どのような動画にしていきたいか夏休みを使って考えることになりました。若さを生かした画期的な動画が作れるように頑張ります!

 

 

 

2022年07月14日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(政策アイデアコース)

 「フィールドワークⅡ」政策アイデアコースからです。
 7月11日(月)5、6限に株式会社YFMG ZONEプランニングの樫部さんと河野さんに出前授業をしていただきました。地域循環共生圏などについての講話をいただいた後、生徒が考えた政策アイデアについてグループディスカッションをしました。「釣り名人を産み出す!」というアイデアを提案したグループでは、釣りに詳しい専門家の方にもZoomで参加していただき、より具体的なアイデアになるよう助言していただきました。お越しいただいたお二人のご協力のもと、どのグループも自分たちの考えを整理し、新たな視点と今後の活動の展望を得ることができたようです。今回の授業で考えたことをこれから夏休みに実践していきたいと考えています。各グループのアイデアが形になっていくのが楽しみですね!

 

 

 

 

2022年07月14日

周防大島地域、剣道練習会

 7月10日(日) 周防大島高校の武道場で、地域の剣道稽古会が行われました。当日は、旧安下庄高校剣道部OBをはじめ地域の剣道愛好家や地元中学生も参加し、久しぶりに武道場が活気に満ち溢れていました。
 現在、周防大島高校剣道部員は2年次生の1名と少し寂しい状況ですが、今後も剣道のすばらしさを地域の方と共有できればと思います。

 

 

 

 

2022年07月14日

安下庄高校同窓会定時総会

 7月9日(土) 周防大島高校の前身の一つ安下庄高校の同窓会定時総会が橘総合センターで開催されました。同時に今年周防大島町教育長に就任された星野朋啓教育長さん(第36期卒)の講演会も行われました。星野教育長の話は、メタバースの話から本校に期待されること、など多岐に渡る興味深いお話でした。また、その後、アロハ・フラ島高のメンバー3名が生出演し、8月に福島県で開催されるフラガールズ甲子園で披露する曲など3曲を同窓生の前で披露しました。会場に訪れた方々からは、「普段フラを見る機会がないので見ることができ本当に良かった。」「甲子園頑張って!」と沢山の励ましの言葉に加え多額の御寄付までいただきました。改めて「地域の方々に笑顔をお届けするために頑張ろう!」と決意を新たにしたところです。

 

 

 

 

2022年07月14日

地域みらい留学(7月)

 7月9日(土)~10日(日)に、今年度2回目になる地域みらい留学(オンライン学校説明会)を実施しました。
 9日(土)は「地域みらい留学の青春」と「住まい、暮らしの青春」という2つのテーマで発表し、10日(日)は午後に「6分間学校説明会」を実施し、その後、本校単独の学校説明会を行いました。

原稿作成も発表もほぼすべて生徒が行い、生徒目線での周防大島高校の魅力を全国に発信してくれました。また、アロハ・フラ島高も、フラガール甲子園やサタフラに向けての練習が忙しいなか参加してくれて、フラを披露してくれました。

8月にはオープンキャンパスもあります。多くの中学生が本校に来てくれると嬉しいです。

2022年07月11日

【地域創生科】~ 龍神乃鹽と人々が交わる瞬間 ~ 夢塩プロジェクト by Ryujin × Suo-Oshima H.S. “塩の配布に向けて” 

 現在、龍神乃鹽の新商品を開発するために龍神乃里の皆さんとプロのブランディングの方、デザイナーの方と一緒に、一大プロジェクトに向けて活動させていただいています。
 そのプロジェクトに先駆けて地域創生科のメンバーで5月21日・22日に龍神乃鹽で24時間かけて塩を作りました。その塩のパッケージ詰めとラベルが完成し、500袋の塩が完成しました。
 この生徒が作った塩については、すべて商品として販売するところですが、生徒の頑張りを多くの人に知ってほしいという龍神乃里の方々のご厚意から無料で学校関係者や部活動生、外部から来校された方々などに配布しようと計画していただきました。塩の出来はものすごく良いです。ぜひ、配布した塩は、熱中症予防や食事等で使用してください。これからも引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

2022年07月11日

スポーツⅤ 「嵩山登山」

 6月28日(火)2年次スポーツⅤの授業で嵩山に登りました。
 梅雨の影響で天候が心配されましたが、嵩山の中腹にある岩屋権現から普段あまり通らない登山道を歩き山頂を目指しました。当日の山頂は霧が深く、展望台や山頂からの景色は絶景とはなりませんでしたが、地上との高低差を感じて、大変気持ちの良いものでした。
 これで、周防大島の四つの奇岩(巌門、立岩、帯石、岩屋)を踏破したことになりました。

2022年07月11日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮) “プロジェクト名決定に向けて”

 6月29日(水)に2・3年次生ビジネスコース合同で授業を行いました。現在、龍神乃塩を使った新商品開発プロジェクトを行っていますが、プロジェクト名を決めていませんでした。そのため、本日の授業はプロジェクト名決定に向けて全員で話し合いました。
 話し合いでは、1. 高校生が自主性を持って取り組んでいる事がイメージできる名称2. 高校生の願いや夢がイメージできる名称3. 周防大島高等学校と龍神乃鹽工房が共に取り組む事業だとわかる名称4. 龍神乃里の方や支えてくれる人から学んだことを基盤とし、全国に魅せる商品を作り、社会に恩返しをすることがわかる名称5. 人と関わって大きく成長するような名称6 推し塩になる商品を開発することがわかる名称といった意味を込め、条件を絞りプロジェクト名を考えていきました。
 たくさんのプロジェクト名(案)の中で選ばれたプロジェクト名は「~ 龍神乃鹽と人々が交わる瞬間 ~ 夢塩プロジェクト by Ryujin × Suo-Oshima H.S.」に正式決定しました。これからは、このプロジェクト名を心に刻み、プロジェクトが成功できるように一生懸命頑張ります。

2022年07月11日

【硬式野球部】激励会

 6月25日(土)に、夏の選手権大会へ向けた激励会を保護者会の主催で行いました。
 激励会では、各選手が「試合に出る選手のサポートをしっかりとしたい」、「普段お世話になっている方々に、全力プレーで恩返しがしたい」など、力強く抱負を述べました。その後、保護者の方々から千羽鶴をいただき、選手とスタッフ、そして保護者の方々が一体となって戦うことを誓いました。激励会後にはカレーとフルーツポンチを全員で食べて英気を養いました。
 一戦必勝で頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

2022年07月11日

【寮生日記】待ちに待った文化祭!

 最近は、梅雨真っただ中でじめじめする日が続きますね。
 さて今回私、1年B組藤川夢羽が書く寮生日記は文化祭についてです!今月9,10日で2日間にわたり島高祭が行われました。どのクラスも一生懸命にクラス企画や合唱コンクールに向けて頑張っていました!クラス企画では、フォトスポットやカジノ、射的、もぐらたたき、イントロ、ダンス発表、ドラム、弾き語りなどがあり、楽しく盛り上がりました!
 そしてなんと言っても色々な先生がサプライズで歌やダンスをしてくださいました!
 私にとって初めての高校生活での文化祭。不安な部分もありましたが、最終的には楽しく終えることができ、良かったです!来年の島高祭も楽しみです!

2022年07月11日

【寮生日記】先々週、文化祭がありました!

 こんにちは!1年の杉本桃花です。先々週、文化祭がありました。文化祭準備を始めるのが遅く、どうなるかとハラハラしていましたが、みんなと力を合わせ完成させることができました。合唱コンクールも、曲を選ぶのに時間がかかり、あまり学校で練習できませんでしたが、家で歌詞を見て覚えたり、練習したりして、合唱コンクールにそなえました。賞をとることはできませんでしたが、クラスのみんなと協力してできたことが何よりも嬉しかったです!またクラスで何かしたいな~!

2022年07月11日

【寮生日誌】初めての寮生日誌

 1年生の宮﨑晴子です。寮の周辺を掃除しました。途中で雨が降ってきて大変でしたが、みんなのおかげで綺麗になったと思います。6月9日、10日には初めての文化祭があって、2日間とも楽しかったです。

 

2022年06月24日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)ビジネスコースの日

 6月21日(火)は、ビジネスコース2・3年次生合同でクレストオブ・ザ・ウェイブ立岩で終日授業を行いました。授業内容は、5月21日(土)、22日(日)に龍神乃鹽で生徒たちが24時間かけて作った「塩のパッケージ詰め」を行いました。全て商品であるため、皆さんが喜んで美味しく頂けるように「一つ一つ丁寧に愛情を込めながら」パッケージ詰めを行いました。塩は約500袋詰め終わることができました。また、普段見ることができない龍神乃里の皆さん、ブランディングの専門家である稲葉さんと他企業の商品開発の会議を身近で見ることができました。大変貴重な経験をさせていただきました。
 今後、完成した塩は、学校関係者や来校された方々に配布をする予定です。これから先、暑くなっていきます。熱中症対策や食事等で活用していただきたいと思います。感想等もお待ちしております。本日は、龍神乃里の皆さん、稲葉さん、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

 

2022年06月24日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)商品開発に向けて

 地域創生科2・3年次生で6月18日(土)にクレストオブ・ザ・ウェイブ立岩で商品開発に向けて話し合いを行いました。商品開発の財源として、塩(3種)・料理人(村上さん)・レストラン・厨房・塩職人(松田さん)・製塩設備・広い庭と駐車場・目の前が海・泊まれる部屋を条件にあげ、①にがり②塩スイーツ③ハーブソルトの3つに関連した商品が作れないか話し合いました。話し合いの中では、誰をターゲットにするのか、どこで商品を売るのか、販売促進をどのようにするのかも考えながら案を考えていきました。話し合いでは、若い発想力の意見がたくさんでました。
 また、本日の内容で他社商品を研究することが大事だということに気づきました。例えば、この商品は「なぜ」売れているのか考えることです。これからは「なぜ?」を考える癖をつけて行動し、お客様が欲しいと思う姿のモノを開発したいと思います。

 

 

 

2022年06月24日

就業体験を行いました

 2年次生ビジネスコースは、6月16日(木)に竜崎温泉とジャムズガーデンで就業体験を行いました。就業体験では、厨房での作業等を従業員の方と一緒に行いました。その中で従業員としての心構えや働くことの大変さを身近で感じることができました。また、従業員の方から普段聞くことができない専門的な話を聞くことができました。本当に貴重な時間となりました。ご協力いただいた竜崎温泉の皆様、ジャムズガーデンの皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

2022年06月24日

今週は授業公開週間です。

 本日から6月24日(金)まで授業公開週間を実施しています。
 ぜひこの機会に本校に足を運んでいただき、授業や生徒の様子を御覧いただければと思います。
 また、本館棟1階図書室前のコミュニティスペースで、安下庄高校の歴史を古くは大正時代までさかのぼって展示する秘宝展も行っています。こちらもぜひ御覧ください。
 なお、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策に御協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

2022年06月20日

写真や記録で振り返る安下庄高校の歴史秘宝展を開催します。

 周防大島高等学校は、令和2年2月に新しく校舎が建て替わりました。
 しかし、いくら時代が過ぎ、周囲が新しいもので溢れかえっていても、記憶の中には、素晴らしい仲間たちと青春をともに過ごしたあの古い校舎や木造校舎での思い出は忘れることができません。
 そんな、思い出深い安下庄高校の歴史を、古くは大正時代までさかのぼり、当時の写真や記録で振り返ります。
 ぜひ、この機会にご来校いただき、学校に残されている「秘宝」をご覧ください。あわせて周防大島高校の新しい校舎からの眺めや、生徒たちが真剣に授業に打ち込んでいる様子をご覧いただき、後輩たちを激励していただければ幸いです。

期  間  令和4年6月20日(月)から7月15日(金)まで
公開時間  午前10時から午後4時まで
場  所  山口県立周防大島高等学校 安下庄校舎 コミュニティルーム
      (周防大島町西安下庄489番地)
展示内容  ① 大正12年から昭和46年までの写真・・・30点
      ② 大正14年から令和4年までの学校要覧・・・約80点
      ③ 戦時中、機銃掃射を受け弾丸が留まった本・・・3点
      ④ 昭和25年から平成21年までの学校新聞・・・約30点

 

 

 

 

 

 

2022年06月20日

山口県高等学校総合体育大会(バレーボール競技)

 バレーボール部は、5月28日(土)、5月29日(日)に山口県高等学校総合体育大会に出場しました。1回戦目は宇部西高校と対戦し、25-15、25-17で危なげなく勝利をすることができました。 
 続く2回戦目に大津緑洋高校と対戦しました。格上の相手でしたが、全員が一つになり全力で戦い抜いたため、1セット目、2セット目ともに25-20で勝利することができ、2日目に残ることができました。
 2日目は、第4シードの宇部商業高校と対戦し、勝利することはできませんでしたが、ラリーができ、自分たちの力で点を取ることができました。
 3年生4名、2年生1名、1年生2名の計7名で少ない人数の中、ベスト16に入り、2日目まで残ることができ、本当によく頑張ったと思います。少人数で限られた時間の中、練習に取り組んでいるので、応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

2022年06月18日

「SOSの出し方に関する教育」

 6月17日(金)3限目に1年次生、5限目に2年次生、6限目に3年次生対象に、本校スクールカウンセラーの名村高美先生から、「自分を大切にしよう~ストレスへの対処~」という内容でSOSの出し方に関する授業をして頂きました。
 思春期を迎え、様々なことに悩んだり、他者と比較してしまったりしてストレスもたまりやすい今、ストレスと向き合う方法を考えることができました。
 授業を受けた生徒からは、「ストレスの対処法についてわかったので、これからは信頼できる大人に話したり、対処法を実践したい。」といった感想があり、充実した時間を過ごすことができたようです。

 

2022年06月17日

【寮生日記】

 2年普通科普通コースの石光由依です。5月21日(土)に山口リフレッシュパークで卓球の大会がありました。シングルスは負けましたが、ダブルスは1試合勝つことができました。卓球を始めて約一年の間で先生や先輩から教えてもらったことを全て思い出して、今回の大会で生かすことができ、初めて試合で勝つことができたので良かったです。またいつか大会があると思うので、今回できなかったところを練習してできるようにし、シングルスでも勝てるように頑張ろうと思います。

 

2022年06月13日

#島高祭~一人一人が主人公~

 6月9日、10日の2日間にかけて文化祭が開催されました。
 9日(木)は合唱コンクールを行いました。どのクラスも合唱練習を一生懸命取り組んでおり、朝のSHRが始まる前や終礼が終わったあとにもたくさんのクラスから歌声が聞こえてきました。本番ではその練習の成果を発揮し、それぞれの特徴を活かして素晴らしい合唱を披露していました。
 10日(金)は、文化研究部(茶道・筝曲)、家庭クラブ、吹奏楽部の演奏やアロハ・フラ島高、有志企画・ステージ企画が行われました。普段見ることがあまりない文化部の活動を知ることができ良い経験となりました。有志企画やステージ企画では、個性溢れるそれぞれのグループが楽しそうに出演していました。
 文化祭を通してクラスの団結力が高まり、生徒も大きく成長したように思います。スローガンの通り”一人一人が主人公”となり、全員が輝く、楽しい文化祭になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年06月10日

教育実習が終了しました。

2週間の教育実習が本日で終了しました。
今年度は3名の教育実習生が本校で様々なことを学んでくれました。

実習を終えた教育実習生からのメッセージを紹介します。

 10日間本当にお世話になりました。生徒の皆さんが授業に真剣に取り組んでいる姿を見たり、「頑張ってください」と声をかけてくれたりしたおかげで私自身もっと頑張ろうと元気をもらうことができました。また、先生方も、お忙しい中指導に時間を割いて下さったり、校内で声をかけ励まして下さったりしました。本当にありがとうございました。私も先生方から頂いたご指導、アドバイスを忘れず、素敵な教員になるため努力していきます。この10日間で関わってくださった先生方、生徒の皆さん本当にありがとうございました。

 10日間の実習を通して、授業や生徒とのかかわりがもっとうまくなりたいと強く感じました。生徒が、私の授業を真剣に聞いてくれて、授業をする立場としての大きな責任を感じました。ご指導くださった先生方、かかわってくれた生徒のみなさん、本当にありがとうございました。一生忘れない10日間となりました。ありがとうございました。

 10日間、毎日島高に行くことが楽しみでした。生徒は素直で優しくて、あいさつの時の笑顔が素敵で、毎日元気をもらっていました。「けがしたのでみてください」「話きいてください」と生徒が保健室に来てくれると、まるで本当の養護教諭であるかのような気持ちになりました。自分には養護教諭しかないと思えたので、いつかお世話になった生徒や先生方に立派な姿を見せたいです。実習での学びや思い出をずっと大切にします。本当にありがとうございました。大島だいすきです!!

 

 

2022年06月10日

【寮生日記】学びがたくさんの日曜日

 3年普通科特進コースの藤川です。5月22日、橘総合センターにて行われた「民俗学者『宮本常一』に学ぶ地域創生~地域循環がある周防大島町のライフデザイン~」に司会として参加させていただきました。
 昨年度、私たちを玄関で迎えてくれていた、二ホンアワサンゴについての発表や、ファッションショーが開催されたアロハシャツの展示もありました。
 今回私は、原稿をいただいて、その通りに進行していく形でした。いざ本番が始まると、会場いっぱいのお客様と、思ったより早くすすむ時間、それでなくても私は緊張していたため、司会としては心残りが多かったです。
 そんな中、講演者の皆様の話の広げ方には学ばせていただく点が多かったです。人前でも緩急をつけた話ができるようになりたいです。
 また、私自身寮生であり、周防大島では育っていないため、“周防大島にある自然を活かしていく”というテーマにはとても興味をひかれました。過密や開発が進む地域がある現代で、私たちは自然から距離をとっています。年をとるにつれて、関わる機会が減るのはもちろん、幼少の頃から大自然の中で遊ぶことも減っているでしょう。しかし、自然からしか学べないこと、自然に入ることで、自然や暮らしを守ることもできると思います。周防大島に住んでこの講演を聞いたことで、より自然について、地域について考えることができたと強く思いました。
 講演を通して、周防大島の住民としても、私個人としても、まだまだ小さな一歩ではありますが、それでも確実な一歩を歩めました。そんなとても貴重な日曜日でした。

 

2022年06月08日

第1回オープンキャンパス受付開始!

 来る8月6日(土)、本校安下庄校舎にて「第1回オープンキャンパス」が開催されます。今年度も多くの体験講座や部活動見学・体験、寮見学など盛りだくさんの企画でみなさんをお待ちしています。
詳しくは本校ホームページのトップ画面にある「オープンキャンパス(安下庄)」をクリックしてください!

 

 

 

2022年06月07日

地域みらい留学

 周防大島高校は、山口県内の公立高校で唯一、全国から生徒を募集しているため、6月4日(土)、5日(日)の2日間、地域で学ぶ国内留学を紹介している「地域みらい留学」に参画して、全国の中学3年生にオンラインで本校の魅力を発信しました。4日は「住まい、暮らしの特徴」と「地域みらい留学の青春」という2つのテーマで、5日は「あさなぎ寮・海南里寮生ドキュメンタリー」というタイトルで、それぞれ持ち時間6分間で発表しました。生徒会、アロハ・フラ島高の生徒、寮生有志が主体となって進行し、とても良い学校紹介となりました。次回は7月9日(土)、10日(日)の地域みらい留学に参画予定です。本校に興味のある中学生の皆さんぜひ御覧ください。

 

 

 

 

 

 

2022年06月05日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)News picks+d 取材

 3年次生ビジネスコースは、6月2日(木)にクレスト・オブ・ザ・ウェイブ立岩で授業を行いました。授業では、高校卒業までにどのような人間性を身に付けることができれば「胸を張って」社会に飛び立てることができるのか考えました。
 また、本日はプロジェクトについてNews picks+d(全国版)の取材もありました。後日、プロジェクトの内容について記事がアップされる予定です。

 

 

2022年06月02日

スポーツⅤ「島内ウオーキング」

 5月31日(火)「スポーツⅤ」の授業で島内をウオーキングしました。
 この授業は自然との関わりの深い野外スポーツを体験し、生涯スポーツに関わることの出来る資質や能力を身に着けることを目標にしています。
 4月から5月にかけては、「周防大島にある4つの奇岩」をウオーキングで回っています。4月19日「巌門」、5月10日「竪岩」、5月24日「源明大橋」(これは奇岩ではありませんが)、そして今日、帯石に行きました。
 晴天にも恵まれて、気持ちよくウオーキングができました。今後は、岩屋権現、そして、嵩山の登山道を歩いて山頂を目指す予定です。

 

 

 

 

 

 

2022年05月31日

野球部後援会役員会

 5月30日(月)、本校久賀校舎にて野球部後援会の役員会を開催しました。後援会の皆様のご支援で野球部は支えられています。主将の石川君も後援会の皆様への感謝とともに、「愛される野球部」を目指して努力していくと、力強く抱負を述べてくれました。

 

 

 

2022年05月30日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)”モノを売るのではなく人物を売る”

 私たちビジネスコースは、商品開発を行うにあたって、ただ利益を獲得するだけでなく「この人の商品だったら買いたい」「この人のお店だったら行きたい」といった“モノを売るのではなく人物を売る”ことが大切だということを踏まえてプロジェクトに取り組んでいます。
 良くないところを直すのには時間がかかります。その為、良いところを大きくし、良くないところをカバーすることが大切ではないか。良くないところは、良いところを大きくしながら時間をかけて直そうという意図から、5月30日(月)の授業は、プロジェクトの一員でもある龍神乃里の村上様の良いところ・良くないところについて話し合いました。次回は、自分自身の良いところと良くないところを見つけ出し、良いところを伸ばしていきたいと思います。

 

2022年05月30日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)蜂蜜採取体験

 地域創生科ビジネスコース3名と福祉コース2名で、5月29日(日)に龍神乃鹽(立岩)で蜂蜜採取を体験しました。今まで蜂蜜は、瓶で売られているところしか知りませんでした。しかし、この体験で蜂蜜ができるまでの工程を学ぶことができました。
 体験では、巣箱の中を間近で見ることや機械を使って採れたての蜂蜜を採取することができました。採れたての蜂蜜をパンにつけて味見をしたところ、甘くて甘くて本当においしかったです。
 今日も一日、忘れることのない貴重な経験をさせていただきました。龍神乃里の皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

2022年05月29日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)プロジェクトに向けて

 ビジネスコースからです。私たちが取り組むプロジェクトでもある「商品開発と販売促進」ではたくさんの社会人と関わりを持たないといけません。企業でもこの仕事は重要視されています。そのため、5月25日(水)の授業では、このプロジェクトをやり遂げるためには何が必要なのかをグループで考え発表しました。グループの中で話し合った結果、「相手の気持ちを受け入れる心」「いろいろなものを見る・感じる」など、多くの考えを出すことができました。日頃からこの考えを方を意識して行動していきたいと思います。

 

 

 

 

2022年05月27日

アロハ・フラ島高練習スタート!!!

 アロハ・フラ島高の活動が本格的に始まりました!初日は、多くの新聞社やテレビ局に取材していただきました。週末に部活動の試合があったため、練習に参加できなかったメンバーもいましたが、いつも通り明るく元気に踊ることができました!
 昨年度はオンライン開催となった“フラガールズ甲子園”ですが、今年こそは福島県いわき市のステージで私たちの全力の踊りを披露したいです!!!また、今年もサタフラに参加する予定です。
 応援していただいている方々への感謝の気持ちを忘れずに、明るく元気に私達の笑顔を届けていきたいです!応援よろしくお願いします!

 

 

 

2022年05月26日

第1回学校運営協議会 開催

 5月26日(木)に第1回学校運営協議会を安下庄校舎で開催しました。今年度、最初の学校運営協議会ということで、本校から学校の現状や今年度の学校経営方針等について説明し、委員の皆様からの御承認と貴重な御意見を頂戴しました。今後もより良い学校づくりに邁進してまいります。

 

 

 

2022年05月26日

【寮生日記】塩づくり体験

 2年地域創生科ビジネスコースの宮路です。私は5月21日~22日に、地域創生の活動の一環として泊まり込みで塩づくり体験をしました。塩づくりは夜通し行われ、一睡もせずに火の加減を調節したり、結晶の形が均等になるように気を付けたり、職員さんの塩づくりに対する熱意を肌で感じることができました。こうして手間をかけて作られた龍神乃鹽は、一粒一粒がきらきら輝いていて、とても美味しかったです。
 この体験を通して、塩づくりの大変さや楽しさを知ることができましたが、人とのつながりの大切さも学び、自分自身を見つめなおすきっかけにもなりました。他校ではなかなか体験できないことをさせてもらい、改めて地域創生科で良かったと思いました。

 

 

2022年05月23日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)塩づくり体験を終えて

 5月21(土)、22日(日)に行われた塩づくり体験を終えて、参加者全員で感想を模造紙にまとめました。感想の中には、「働くことの苦労と楽しさに気づいた」「集中できるということがわかった」「たくさんの人から愛情が伝わった」など多くのコメントが書かれていました。振り返りのまとめが模造紙に収まらないくらい充実した2日間となりました。これからは、この塩づくり体験を活かしプロジェクトを成功させたいです。

 

 

 

 

 

 

 

2022年05月23日

ブルー&グリーンアートプロジェクト BGAP 2022 In 周防大島町

 5月22日(日)に周防大島町橘総合センターにおいて『民俗学者「宮本常一」に学ぶ地域創生~地域循環がある周防大島町のライフデザイン~』が開催されました。
主催者は、アロハプロジェクトでお世話になった山口県立大学の水谷由美子先生と安倍昭惠さん。そして、環境省の中井徳太郎事務次官と、今世界中で注目を集めている日本環境設計の岩元美智彦会長をお招きして、周防大島の可能性にまつわるシンポジウムも開催されました。
 なお、その司会を行ったのが、本校3年次の來海彩芽さんと藤川由さん。堂々とした素晴らしい司会ぶりでした。また、活動報告という形で昨年度環境コースが取り組んだ「ニホンアワサンゴの飼育を通した探究活動について」の動画発表も行いました。動画上映後、駆けつけてくれた卒業生、小原実月さんが、その活動を通して大きく成長できたこと、学んだことが分野は違えど進学先での学習に活かせていること、ぜひ多くの後輩が環境コースで自分たちの研究を引き継いでほしいということ、など自分の言葉で活動を通しての感想を述べてくれました。これらの本校生徒の司会や卒業生の感想については、安倍さんをはじめ多くの参加者の方々から大絶賛を受けました。
 昨年度、山口県立大学と共同で作成したアロハシャツやマグカップなどの展示もありました。
 本校の発表以外にも多くの興味深い講演や発表があり、周防大島について今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

2022年05月22日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)塩づくり体験に参加しました

 地域創生科ビジネスコース6名と福祉コース2名で、5月21日(土)、22日(日)に龍神乃鹽(立岩)で塩づくりを体験しました。この体験では、ただ塩を作るだけでなく、働くことの大変さや心構えを知る機会になりました。
 また、様々な分野で活躍されている方が多数ゲストで来ていただき、貴重なコミュニケーションの機会ともなりました。
 さらに一生懸命働いて出来上がった塩は、通常は見ることができない本当に輝かしい結晶でした。一生の思い出となりました。
 この2日間では、普段学ぶことができない知識を身に付けることができました。龍神乃盬の皆さん、ゲストで来てくださって皆さん、2日間本当にありがとうございました。

 

 

 

 

2022年05月22日

「壮行式」を実施しました!

 5月20日(金)放課後に中国大会・高校総体・高校総文壮行式を実施しました。各部活動の代表生徒が壇上に立ち、大会への意気込みを述べてくれました。その言葉、姿勢からは大変熱いものを感じ取ることができました。これまでの鍛練の成果を発揮し、悔いの残らないように全力を尽くすことができるよう、生徒、教職員一丸となって応援しています。

 

 

 

2022年05月20日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)塩づくり体験事前指導

 地域創生科ビジネスコースは5月21日(土)、22日(日)に龍神乃鹽で実際に塩づくりを体験します。その事前指導として20日(金)に龍神乃里の村上様と松田様に来校していただきました。事前指導では、塩づくりを体験することの意味や目的、塩の種類・工程などの確認を行いました。さらに、明日のリハーサルとして少量の塩を作りました。2時間では物足りないくらいの内容でした。明日からの塩づくり体験では、様々な方と触れ合い、多くのことを学びたいと思います。

 

 

 

 

 

2022年05月20日

【寮生日記】新入生歓迎会(その2)

 3年普通科特別進学コースの幾原です。4月に女子寮では新入生歓迎会を行いました。宝探しや人狼ゲーム、自己紹介文だけで誰のものか当てるゲームなどをして、お互いのことを知る良いきっかけとなりました。最初は緊張していた一年生も徐々に笑顔が増え、嬉しい限りです。
 また、歓迎会の前に少し時間があったので親指ゲームをしました。私はこのゲームのことを「爆弾」と呼んでいました。掛け声も「爆弾」です。しかし、生徒によっては「指スマ」「いっせーので(せ)」「せのが」「ちちちばるちばるち」など初めて聞くような掛け声もありました。周防大島高校は全国から生徒が集まりますが、この小さなゲームひとつをとっても地域の違いを感じて面白かったです。

 

2022年05月20日

「地域みらい留学」合同説明会直前キックオフ!

 5月19日(木) 16:00から6月4日(土)、5日(日)に本校が参画する「地域みらい留学」合同説明会にむけての直前キックオフ(プレゼンテーション練習会)に参加しました。全国から生徒を募集している本校は、「地域みらい留学」を通して、都道府県の枠を越えて高校に入学したいと考えている中学生、その保護者に向けて本校について紹介しています。6月は本校生徒会の代表がプレゼンテーションをします。是非御覧ください。

 

 

2022年05月19日

「進路の日」を開催しました

 5月19日(木)に全校生徒を対象に「進路の日」を開催しました。午前中は模試を行い、午後からは、大学と専門学校を合わせて16校の講師の方に来校していただきました。生徒一人につき興味がある講座を2つ選び受講しました。昨年度は、オンラインでの受講でしたが、本日は対面での授業を体験でき、普段学ぶことができない知識を身に付けることができました。どの講座も盛りだくさんの内容を聞くことができました。今回の講座を体験し、将来就きたい職業選択の参考になりました。

 

 

2022年05月19日

クリーンウォーク&海岸清掃を実施しました!

 5月18日(水) 第1回考査の最終日、生徒会主催による「クリーンウォーク」とボランティア・ユネスコスクール委員有志による「海岸清掃」を実施しました。約80人の生徒が参加し、日頃からお世話になっている地域のゴミ拾いを行いました。この企画は、今後も考査最終日ごとに実施する予定です。

 

 

 

2022年05月18日

【環境科学Ⅰ】内入海岸ビーチコーミング&清掃活動を実施!

 普通科環境コース2年次生7名が、5月12日(木)に屋代島さとうみネットワーク田中様、海辺の会白鳥様などと一緒に、周防大島にある内入海岸のビーチコーミング&清掃活動を実施しました。
 あいにくの雨でしたが、多くの発泡スチロールやプラスチックなど25袋分以上のゴミを拾うことができました。中には、海外の言葉で書かれたラベルのペットボトルやスプレー缶などもありました。
 最後に、食べれるスプーンや米ぬかでできた袋など脱プラ、減プラの商品を紹介いただきました。私たちも、普段からゴミを「作らない・使わない・捨てない」など身近でできることから始めていきたいと思います。

 

 

 

2022年05月12日

令和4年度 生徒総会

 5月10日(火)に生徒総会を実施しました。4月のLHRで、各クラスから学校を良くするための多くの要望があげられました。その中で生徒会が5つの議題を選び、その議題について生徒たちが具体的な理由や内容を発表していました。この総会を通して、一人一人が主体的に学校を運営していくことの重要性を感じてもらえればと思います。

 

 

2022年05月10日

【寮生日誌】第1回考査期間

 2年普通科環境コースの南波星亜です。5月6日(金)から第1回考査期間が始まりました。食堂で集まって勉強を教え合ったり、学習室で集中して黙々と作業ができたり、仲の良い先輩に過去のテスト問題を見せてもらえたりするのは寮生の強みですね。第1回考査は範囲が狭いらしいので、しっかり良い点を取りたいです。

2022年05月10日

【寮生日誌】フラのNHK取材!

 普通科特別進学コース3年の林です。今回の寮生日誌では、前回に引き続き「アロハフラ島高」の活動においてお伝えしていけたらと思います!4月22日(金)、サンシャインサザンセトにNHK山口の取材が来られて、3年次の生徒6名が中継で出演しました。私はマネージャーとしてフラのチームに参加させていただき、撮影の様子を見させていただきました。めったにできない貴重な経験ができてとても良かったです!今後もフラを踊るメンバーの支えになれるように、自分にできることを少しでもしていけたらいいなと思います。

 

2022年05月09日

PTA・教育後援会合同総会

 5月7日(土)にPTA講演会及びPTA・教育後援会合同総会を実施しました。
 PTA講演会では、周防大島町教育委員会教育長 星野朋啓様をお招きして、「親子の絆と人材育成」という演題で講演をしていただきました。星野教育長ご自身の経験をもとに、地域・家庭・学校で子どもの成長のためにできることについてお話しいただきました。
 その後、PTA・教育後援会合同総会が開かれました。本年度の役員、事業計画、予算について審議され、会員の皆様の御協力で滞りなく会を進めることができました。新型コロナウィルス感染症対策で、まだまだ本格的な活動ができる状況ではありませんが、少しでも会の活動を活性化することができればと思います。

 

 

 

 

2022年05月07日

フィールドワークⅠ「町政出前トーク」

 4月28日(木) 2年次フィールドワークⅠの時間に、周防大島町役場総務部 空家定住対策課 主幹 西村一樹様から「周防大島町の現状と課題」と題して講話をしていただきました。講話の中で、周防大島町の課題は人口減少や少子高齢化などがあり、その対策として空家定住対策、子育て・教育支援などに町政として取り組んでおられるそうです。生徒は「自分達の知らない周防大島町を知ることができた」「空家を現代風にリフォームするとよいのでは」「自分たちで何ができるか考えていきたい」などと感想を綴っていました。今回の内容をこれからのフィールドワークの学びに活かしていきたいと思います。

 

 

 

 

2022年04月28日

【地域創生科】周防高プロジェクト(仮)スタート!

 4月28日(木)に龍神乃里から村上様、松田様、小笠原様の3名に来ていただきました。今年度、地域創生科は、地域活性化(商品開発)をテーマに龍神乃里の方と一緒にプロジェクトを行います。
 本日は、第1回目としてプロジェクトに関わる地域創生科(2・3年次生)全員に対して、オリエンテーションを行いました。村上様から①挨拶は何のためにするのか?②基礎・基本とは何か?③物を売るとは何か?を指導していただきました。また、松田様からは、龍神乃鹽について話をしていただきました。今後どのようにプロジェクトが動くか楽しみです。

 

 

2022年04月28日

【寮生日誌】新入生歓迎会をしました!

 4月24日(日)に新入生歓迎会をしました。宝探しや人狼ゲーム、誰でしょうゲームなど、主に3つのゲームを楽しみました。誰でしょうゲームでは、みんなの好きなものや好きなこと、出身地などを知ることができました。普段あまり関われていない寮生とも話ができて嬉しかったです。
3年地域創生科 福祉コース 弥永夏実

 

 

2022年04月26日

「周防大島高校での一日(英語版)」YouTube生配信中!

 周防大島町に東京から移住した古賀さん御夫婦が、定期的に島の魅力をYouTubeで配信されています。タイトルは「アメリカンワイフの周防大島ライフ」!それもそれはず奥様のレベッカさんはアメリカ人。先日、御夫婦で来校され、本校の生徒たちと一緒に学校内を巡り、学校独自の取組や生徒たちの生き生きとした様子を約30分間の番組として取り上げてくださいました。ドローンも用いて学校周辺の美しい景色も撮影していただきましたので、ぜひ御覧ください。ちなみにレベッカさんは英語でお話していますが、日本語の翻訳もありますよ!

 

2022年04月25日

「アロハ・フラ島高」テレビに生出演!

 周防大島高校の生徒会活動である「アロハ・フラ島高」が4月22日(金)夕方、NHK情報維新!山口に生出演し、今年度に入って初めて県民の皆様にリアルタイムでフラを披露しました!メイクをしたり、きれいな衣装を着たりして、普段の高校生活とはまた違った姿がとても輝いていました。緊張していましたが、上手に踊りきることができ、無事生出演を終えることができました。

 

 

2022年04月22日

【寮生日誌】フラダンスと吹奏楽の夢の共演!✨

 地域創生科(福祉コース)2年の吉野晴香です。3月20日(日)に行われた周防大島高校の定期演奏会のことについて話します。私は、生徒会活動である「アロハ・フラ島高」に所属しています。主な活動としては、夏に行われるイベントや地域のイベントなどに参加することです。今回は島高の定演で披露させていただきました。フラは高校から始めて、先輩方と比べるとまだまだ下手ですが、華やかなお化粧をしたり、衣装を着たりして立たせていただくステージは毎回とても楽しく、今回の定演も楽しく踊ることができました。吹奏楽部とは初めての共演ということもあり、とても緊張しましたが、吹奏楽部の素敵な演奏と先生方の歌声で緊張も少しほぐれ、今までのステージの中で一番の達成感を味わいました。次は夏のイベントである「サタフラ」や高校生フラガールの憧れである「フラガールズ甲子園」に向けて、より一層素敵なステージを披露できるよう、練習を頑張ります。

 

2022年04月22日

ジブンをプロデュース!!!

 4月18日(月) フィールドワークⅡの授業に 株式会社ジブンノオト 代表取締役 大野 圭司 様をお招きし、ご講演をしていただきました!フィールドワークのテーマである「セルフプロデュース」とはどういうことなのかをご自分を例にして楽しく、丁寧に教えてくださいました。また、友人から見た自分の魅力は何なのかを互いに話し合う時間もあり、自分では気づいていなかった自分の魅力を発見した生徒もいました。講演の最後には、タブレットを使って名刺づくりを行いました。思い思いの色や紹介文で、自分をプロデュースする体験をしました。楽しく仕事をして生活していくための秘訣なども教えていただき、とても学びの多い授業となりました。大野様、ありがとうございました!

 

 

 

2022年04月18日

涙の別れ・・・離任式

 4月15日(金) 14時から離任式を行いました。年度末の人事異動で15名の教職員の方が周防大島高校を離れることとなり、生徒たちと最後のお別れをしました。式に出席していただいた先生方から生徒に向けて最後の挨拶があり、生徒たちは別れを悲しみながらも、先生方一人ひとりの言葉を大切に受け止めていました。先生方から教えていただいたことを胸に、これからの周防大島高校を盛り上げてくれることでしょう。

 

 

 

 

2022年04月15日

【寮生日誌】令和4年度、寮生日誌始動!

 あさなぎ寮女子寮長をしています、3年生普通科普通コースの木口です。令和4年度、あさなぎ女子寮は27名となり、より一層個性溢れる寮になりました。至らぬ点は多々あるかと思いますが、新寮生が一日でも早く集団生活に慣れ、「寮に来てよかった」と思ってもらえるよう、精一杯努めていきます。
 さて突然ですが、今までの寮生日記ではファッションショーやサタフラなど大きなイベントを扱っており、普段、寮生がどのような生活をしているのか分からなかったと思います。そこで、岩国や防府、美祢などの県内と神奈川県出身の私も含め、福岡や大阪、北海道などの県外から来た寮生の島ぐらしを投稿しようと思います。寮生の保護者の皆さんだけでなく、島高が気になっている中学生にも私たちらしさを届けられるように頑張ります。
 それではまた来週✋

 

 

2022年04月15日

みんなで踏破!新入生ハイキング

 4月13日(木) 天候にも恵まれて、 1年生(72人)が新入生ハイキングで地元の嵩山(標高618.5m)に登りました。出発直後は余裕な表情も、傾斜が急になってくると疲労が溜まってきて、無言になる場面もみられましたが、山頂からの眺めを見ると、元気な姿に戻り、みんなで楽しくおいしそうにお昼ご飯を食べていました。
 生徒同士、生徒と教員の親睦が深まりました。

 

 

 

 

 

2022年04月13日

どきどきの対面式

 4月11日(月)、対面式を行いました。新入生は緊張した面持ちでしたが、立派な抱負を述べてくれました。上級生も先輩としての自覚を持ち、新入生を導いてくれればと思います。
 また、令和4年度のチャレンジ目標「磨~今、自分にできること~」が発表されました。この目標を心にとどめ、自分自身を磨いていってほしいです。

 

 

 

 

2022年04月11日

思いもよらぬ寮生へのプレゼント!

 株式会社マンダム様より寮生全員(82名)に対して、「ギャッビー学生応援キャンペーン」としてフェイシャルペーパーが送られてきました。これからどんどん暑くなり汗びっしょりになる日が多いと思うので本当にありがたいです。

 

 

2022年04月11日

令和4年度 入寮式

 4月8日(金)入学式終了後にあさなぎ寮・海南里寮の入寮式を行いました。本年度は、あさなぎ寮に男子9名、女子13名、海南里寮に男子16名が新たに入寮しました。式では、校長先生からお祝いと激励のお言葉をいただいたり、入寮生を代表し有馬心美さんが誓いのことばを述べてくれました。これから集団生活を通してルールやマナーの大切さを学ぶと共に、たくさんの友達を作ってほしいと思います。

 

 

2022年04月08日

令和4年度 入学式

 4月8日(金)午後に令和4年度入学式を挙行しました。普通科58名、地域創生科13名、福祉専攻科6名が新たに周防大島高等学校生の仲間入りをしました。式には、お忙しい中、周防大島町長 藤本淨孝 様を始めとして多くの来賓の方に出席していただき、新入生にお祝いのメッセージをくださいました。

 

 

 

 

 

2022年04月08日

令和4年度 着任式・始業式

 4月8日(金)午前に着任式と始業式を行い、令和4年度がスタートしました。
 着任式では新たに17名の先生を迎えました。
 始業式の校長式辞では、メジャーリーガーの大谷翔平選手を例に挙げて、周りを思いやる人間性の大切さについて、これから新しく後輩を迎える新2・3年生に向けて伝えられました。先輩としての自覚を持ち、この1年でさらに成長した姿を見せてもらいたいと思います。

 

 

 

2022年04月08日

学校のコミュニティ・スペース

 3月29日(火) 大島オレンジライオンズクラブ(柳居俊学会長)様より、クラブ設立50周年記念事業として、本校に視聴覚教育用の大型ディスプレイセット(75型4K液晶ディスプレイとディスプレイスタンド)、映像機器(4Kフルーレイレコーダー)及び音響機器と応接用のソファーセットを寄贈していただき、その贈呈式が本校で行われました。
 次年度以降、このスペースをコミュニティ・スペースとして地域の方々にも開放し、皆様が集える空間にできないかと考えています。

 

 

 

 

2022年03月31日

(吹奏楽部)募金をお渡ししました

 第12回定期演奏会のときにいただいた募金を、周防大島町の社会福祉協議会会長さんへお渡ししました。募金してくださった方々、本当にありがとうございました。地域のために役立てていただければと思います。私たちも音楽で地域の人に笑顔と元気をお届けします!

 

 

2022年03月30日

新たな協定!地域社会や文化を支える人材育成のさらなる推進へ

 3月24日(木) 学校法人高水学園岩国短期大学と本校の間で、「高大連携事業に関する協定」の調印式を、本校で開催しました。
 来年度から相互に連携し、交流を深めることにより、双方の教育内容の充実と学生及び生徒の資質向上を図るための事業を展開します。

 

 

 

2022年03月30日

第12回定期演奏会

 吹奏楽部が第12回定期演奏会を開催しました!一昨年、第11回が延期となり、昨年も放映での定期演奏会でしたが、3年ぶりに有観客で開催することができました。
 劇やMCなど、今回も張り切ってたくさんの企画を盛り込んだ演奏会でした。そして、アロハ・フラ島高や校長先生をはじめとする島高の先生方、秘密のレッスンでとても上手になった周防大島中学校総合文化部のみなさん、柳井吹奏貘団の方々、そして吹奏楽部OBOGなど多くの方に出演していただき、普段、在校生5人だけでの演奏とはまた違った、豪華な演奏がお届けできたと思います。
 終わった後には、たくさんの方々から「よかったよ!」「久しぶりに生演奏が聞けてうれしかった」などのお声をいただきました。
 参加してくださった方々、裏方で支えてくださった方々、聴きに来てくださった方々、本当にありがとうございました。
 来年、第13回定期演奏会を開催する予定です。お楽しみに!

 

 

 

 

2022年03月30日

ボート部が全国高等学校選抜大会に出場しました。

 3月19日(金)~21日(月)に静岡県天竜ボート場で全国高等学校選抜ボート大会が開催されました。周防大島高校からは男子ダブルスカルで出漕しました。目標としていた予選突破を果たし、準決勝に進出することができました。準決勝はあと一歩のところで敗退してしまいましたが、冬の練習の成果を確実に感じられたレースとなり、自信になりました。多くの方から御支援をいただき、ありがとうございました。全国の舞台で戦えるよう、これからもより一層頑張ってまいります!

 

 

 

2022年03月30日

令和3年度第3学期終業式

 3月18日(金) 令和3年度第3学期終業式を行いました。終業式に先立って、前日に行ったスポーツマッチの表彰式と、各種大会での成果を披露しました。令和3年度あいさつ運動啓発標語募集では、大島郡内最優秀に2年C組宮田君の作品が選ばれ、のぼりとともに紹介しました。
 その後の終業式の式辞では、校長先生が卒業式の答辞の一部を紹介し、卒業生の学校に対する思い、家族への感謝、後輩への言葉を紹介しました。そして立派に巣立っていった先輩の姿を心に留め、来年度もさらに1人ひとりが輝けるよう、活躍の場を広げていってほしいという思いを生徒に伝えました。
 この日をもって、令和3年度の学校生活もひとまず終わりとなります。4月からは新たな学年でどんどん活躍していってほしいと思います。

 

 

 

2022年03月26日

第3回学校運営協議会を開催しました

 3月15日(火) 第3回学校運営協議会を開催しました。最初に今年度の取組について学校行事等についての説明をしました。その後、前回の熟議の時にでてきた御意見への回答を行いました。周防大島高校の国際化をすすめてハワイでの修学旅行を計画中であることや、あさなぎ寮に加えて大島看護学校の第2なぎさ寮の借り上げ予定等について説明を行いました。最後に、出席された委員の方々、全員からコメントをいただきました。その中には山口県立大学との連携やニホンアワサンゴの飼育、SDGs活動などの魅力的な取組への評価や新学習指導要領実施に向けた助言等がありました。来年度以降、スクールミッションを明確にした学校運営が始まります。

 

 

 

2022年03月26日

アロハ・プロジェクト最終章~オリジナルアロハ完成品ついに周防大島高校へ!~

 3月9日(水) 昨年4月に「公(周防大島町)大(山口県立大学)高(周防大島高校)連携協力に関する協定」を結び取組を進めてきたプロジェクトの1つ「アロハ・プロジェクト」について、昨年10月のファッションショーでお披露目した周防大島高校のためのオリジナルアロハの完成品が仕上がり、2タイプのオリジナルアロハ合計150着の引き渡しが本校で山口県立大学の水谷教授から行われました。周防大島町長様にも御出席いただきました。
 本校代表生徒4名がアロハを着用し、披露しました。また、吹奏楽部の生徒も駆けつけ、美しい音色で、式を彩ってくれました。
 次年度以降、様々な行事で周防大島高校を象徴することになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年03月26日

卒業式挙行

 令和4年3月1日に卒業式を挙行しました。
 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、在校生はオンラインでの視聴となりましたが、在校生も卒業式に参加することができました。卒業生の背中から、多くを感じ、新学年に向けての決意を新たにできたようでした。
また、天候はあいにくの雨模様でしたが、しっとりとした厳格な雰囲気の中、式は無事終了しました。
 最後に卒業生の宇根碧唯さんが述べた答辞の一部を紹介します。
 今日、共に卒業する皆さん、三年間、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。最後の授業で、多くの先生方が、「この学年にはメリハリがある」とおっしゃっていました。私もそう思います。楽しむべきところではしっかり楽しみ、やるべきことはしっかりとやり遂げる。そんな姿は、とてもかっこよかったです。進む道はそれぞれ違いますが、島高での経験や思い出を胸に、そして、周防大島高等学校の生徒であったことに、誇りを持って、力強く歩んでいきましょう。島高に来てよかった。たくさんの出会いを、ありがとう。

 

 

 

 

 

2022年03月26日

”届けよう、服のチカラ”プロジェクト 感謝状

 本校では、今年度、「”届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に参加し、子ども服を集めて、難民の子どもたちに届ける活動を行いました。取組内容につきましては、以前に本校ホームページにて紹介させていただきました。
 この度、株式会社ファーストリテイリング様とUNHCR駐日事務所様より感謝状をいただきました。改めて御協力いただきました皆様、ありがとうございました。本校は今後も、SDGsの達成に向けて活動を続けていきます。

 

 

2022年02月18日

〔3年次フィールドワークⅡ〕ラスト授業

 1月31日(月) これまで2年間頑張ってきたフィールドワークの授業もいよいよラスト!たくさんの人に関わっていただき、手伝ってもらったフィールドワークの授業を振り返って、後輩たちへのバトンと、関わってくださった方々へのお手紙を書きました。たくさんの方々のおかげで、未来の自分を助けてくれる学びがたくさんできたと思います。お世話になった方への感謝と、後輩たちへのエールを伝えることができた1時間でした。

 

 

 

 

2022年02月18日

オプション授業選択者によるプチ音楽祭♪

 1月27日(木) 3年次生の音楽理論選択者によるプチ音楽祭(卒業演奏会)を開催しました。
 一曲目は、音楽理論で学んだ「移調」なる技術を用いて、♪マリーゴールド♪を歌いやすいように編曲!頼もしい助っ人と一緒にピアノで頑張って連弾しました。(頑張りが伝わっていれば幸いです!)
 もう一曲、合奏がしたいけれど、音楽理論選択者が一人しかおらず…悩んでいると、2年生の演奏研究選択者とゆかいな仲間たちが「いいよー!」と言って手伝ってくれました!みんなで演奏した♪Under the Sea♪はとっても楽しくて、音楽理論で学んだことをしっかり披露しつつ、素敵な思い出となりました。これからも将来の夢に向かって頑張ります!

 

 

 

2022年02月18日

人権啓発作品 標語 高校の部 入賞!

令和3年度の周防大島町人権啓発作品募集において、本校生徒が考えた標語が入賞を果たしました。町から賞状が届きましたので、1月27日に校長室で表彰を行いました。どの作品も素晴らしいものでした。おめでとうございます!
【入賞作品】
最優秀 「やさしさで 変わるせかいと そのみらい」 近藤春菜(3年生)
優秀 「一言に 込められた心 変わる明日」 藤川由(2年生)
入選 「それぞれの 個性あふれる 世界へと」 吉野晴香(1年生)

 

 

 

2022年01月27日

(吹奏楽部)秘密のレッスン中

 来る3月20日(日)、吹奏楽部の第12回定期演奏会を開催します。そこの演奏に向けて、コラボ企画をいろいろと考え中です!今日はコラボに向けて、秘密のレッスンをしました。素敵な曲を素敵な共演者さんたちと一緒に演奏する魅力たっぷりの演奏会にする予定です♪皆様に笑顔と元気をお届けできるように、あと2か月頑張ります!
皆様、3月20日は、お誘いあわせの上、橘総合センターへ!

 

 

 

2022年01月21日

租税教室

 1月14日(金)、3年次生を対象とした「租税教室」を実施しました。講師には、税理士の髙林和之様をお招きして、リモートにて行いました。
 「租税の仕組み」や「日本の財政について」など、詳しく丁寧に説明していただきました。4月から様々な進路に進む生徒たちにとって、必要不可欠な内容でした。また、有権者として、税金の使い方などを考え直す良い機会となりました。

 

 

 

2022年01月14日

バレーボール部 岩柳大会

 12月25日(土)柳井商工高校、柳井高校を会場として、バレーボールの岩柳大会が開催されました。
 初戦は岩国高校と対戦し、ストレートで勝利することができました。準決勝では柳井学園と対戦し、1セット目を取られたものの、2、3セット目と巻き返し、なんとか勝利することができました。決勝戦では、岩国総合高校と対戦しました。1セット目は20-25、2セット目は19-25と惜しくも負けてしまいましたが、日ごろの練習の成果を十分に発揮し、チーム一丸となり戦い抜くことができました。
 目標にしていた岩柳大会優勝!には届かず、結果は準優勝でしたが初めて決勝戦まで残ることができ、生徒の自信につながった大会になりました。本大会まで残ってくれた3年生2名は進路実現に向けた試験と部活動を両立し、最後までよく頑張ってくれました。これから新チームになりますが、さらによい結果が残せるよう、日々の部活動に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

2022年01月04日

2学期終業式

 12月24日(金) 避難訓練と賞状披露の後、2学期終業式を行いました。校長先生より2つの言葉をいただきました。
 一つは「新年を迎えることで、気持ちを新たに『リセット』することの大切さ」です。新年元旦を迎えることはただ日付をまたぐことだけではなく、新年に向けて気持ちを新たにして次の目標を定めることです。それぞれ次の学年、次の進路に向けて全員が気持ちを新たにするタイミングであることに気づかされました。
 もう一つは「今年一年の周防大島高校生の『がんばり』」です。今年一年は様々な活動で生徒一人ひとりが輝いていました。少数の人たちのみの活躍ではなく、全生徒が自分のもてる力を発揮し、学校全体が輝く場面が多く見られました。校長先生の話の中で「1人の100歩よりも100人の1歩」という言葉がありましたが、まさに今年はそれが実践された1年であったと思います。
 来年はさらなる活躍が期待されます。

 

 

2021年12月28日

避難訓練を行いました。

 12月24日(金)に2学期の避難訓練を行いました。今回は地震とそれに伴う津波発生に対応するための訓練となりました。校内放送による避難指示の後、生徒は体育館に避難しました。この日は気温も低く、行動も遅くなるのではないかと思われましたが、生徒は無言で迅速に体育館に集合しました。いつ起こるか分からない自然災害に備えて、日頃から常に意識を高めておくことが必要であることを生徒一人ひとりが実感できたようです。

 

 

 

2021年12月28日

スポーツマッチ!白熱しました!

 12月23日(木) 天候にも恵まれてスポーツマッチを実施しました。
 バレーボールとソフトボールの2競技を、それぞれ男女混成チームで編成して行いました。クラスの団結力を高めるよい1日となりました。
 結果は、バレーボール競技 第1位2C、第2位3C、第3位3B及び3D、敢闘賞1C、ソフトボール競技 第1位3A、第2位2C、第3位3B及び1B、敢闘賞2Bでした。

 

 

2021年12月27日

〔3年次環境コース〕環境科学Ⅱ(杏植え)

 周防大島の地家室にはニホンアワサンゴを育む地蔵ヶ浦「水仙の里」があり、本校環境コースは昨年度から環境整備のお手伝いをしています。
 前回は水仙植えのお手伝いしましたが、今回は12月20日(月)3限~6限の時間に、杏植えのお手伝いに伺いました。穴を掘る際に地中に岩などがあり苦戦する場面もありましたが、全員が熱心に取り組んで予定より早く終えることができました。
 今後も様々な形でニホンアワサンゴに関わっていければと思います。

 

 

 

2021年12月27日

お正月を迎える準備ができました!

玄関前に「門松」が立ち、すっかり正月を迎える準備も整いました。この門松、実は校務技士の佐々木さんの手作り。いつも生徒たちのことを思い、学校の環境整備を行ってくれている笑顔がかわいい素敵なおじさんです!後ろに見えるのは家庭菜園ならぬ学校菜園。仕事の合間を縫って作った野菜は、どれも立派に育っています。イノシシの被害に遭わなければいいけど・・・。

 

 

2021年12月23日

〔地域創生科福祉コース〕施設実習発表会

 12月22日(水)4~6限目に、地域創生科福祉コースの生徒が、施設実習発表会を行いました。8月に4日間、2年次生はデイサービスセンター、3年次生は特別養護老人ホームで実習をさせて頂き、実習での学びをビジネスコースの生徒や、地域創生科の1年次生の前で発表しました。発表をした生徒からは、「緊張して早口になってしまった。」などの感想がありましたが、発表を聞いた1年次生からは、「福祉コースの選択を考えているので、先輩方を目標に頑張りたい。」、「介護を行うことで課題を見つけ、解決に向けて取り組む姿がすごい。」などの感想がありました。多くの人の前で発表することはとても難しいですが、全員が一生懸命、堂々と発表に取り組み、情報を交換し合うことができたため、充実した時間を過ごすことができました。3年次生は今回が最後の発表でしたが、2年次生は来年、今回よりもよい発表となるよう、福祉コースでの学びを深めていきたいと思います。

 

 

 

2021年12月23日

〔1年次地域創生科〕施設見学

12月20日(月)の午後から、地域創生科1年次生が、道の駅サザンセトとうわと周防大島高校福祉専攻科の施設見学を実施しました。
 道の駅サザンセトとうわでは、どの場所にどのような商品が配置されているのかを記録しました。
 次に訪れた周防大島高校福祉専攻科では、福祉専攻科1年次生の実習成果発表会に参加させていただきました。みんな真剣な表情でメモを取りながら聞く姿が見られました。生徒は「発表態度などや話の聞き方など見習いたい。」、「施設の様子について理解できた。」などの感想を綴っていました。
 外へ出向くことで初めて知れたこと、気づけたことがあったようで、これからの学習に対する意欲を高める充実した時間になりました。

 

 

 

2021年12月23日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(政策アイデアコース)

(Bチームの日記より抜粋)
 私たちは、12月13日(月)5,6限にサイクリングに行った。
 天気は晴れ。少し肌寒いけどサイクリングするにはとても良かった。本格的なサイクリングは初めてだったから、少しの不安と期待を胸に私はペダルをこぎだした。前に進みだすと不安は胸から消え、風の心地よさと仲間たちの笑い声だけが耳に入ってくる。寒さなんて忘れてしまうほどに体と心が温かくなっていくのが自分でもわかった。つらい坂道を上り、下り坂に差し掛かったところで、ふと横を見ると視界いっぱいに瀬戸内海の綺麗な海が広がってきた。前を見るのを忘れてしまうほどに私の視線は海に引き込まれていった。
 このサイクリングは、私たちのプロジェクトである「婚活サイクリング」の課題を見つけ出すために始まった、少し面倒にも思えるものだったけど、この景色だけでお釣りがくるほどいい体験をしたんじゃないかと私は思った。文字通り山を越え、谷と呼べるようなものはなかったけど、いくつかのトラブルも乗り越え目的地に着いた後で飲んだ水は、今まで飲んだどの飲み物よりもおいしく感じた。
 今日の体験はこれからの活動に必ず活かしていこうと思った。なぜなら私たちの今の目的は、婚活サイクリングという企画の成功だけど、その先にある周防大島の活性化という最終目的を達成したいからだ。今すぐには無理だけど、いつか必ずこの綺麗な景色やおいしい食べ物をたくさん持っている周防大島という私たちの故郷を、多くの人に知ってもらいたいと思う。

 

 

 

2021年12月23日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(政策アイデアコース)

 12月6日(月)5,6限に、私たち政策アイデアグループAは、メニュー開発の調理実習を行いました。婚活についての政策アイデアを考えているので、婚活に来た人の中が深まるような3つのミッションを作り調理実習に臨みました。メニューは、みかんサンドウィッチとみかんゼリーin牛乳寒天の二種類です。
 サンドウィッチの断面は、みかんが花に見えるように配置しました。また、ミッションの1つとして電動ミキサーを使用せずに生クリームを泡立てたので時間がかかり大変でした。男性は頼りになりました!
みかんゼリーin牛乳寒天は寒天を使用するからこそできる可愛いゼリーを作ることができたと思います。
 これから、気遣いや手際の良さがわかるポイントを政策アイデアのパワーポイントに入れ、よりよい婚活になるようまとめていきます!

 

 

 

 

2021年12月21日

高校生のための消費者講座

 12月7日(火)に3年次生を対象とした「高校生のための消費者講座」行いました。講師には、中国労働金庫より岡本凌様をお招きし、わかりやすく「消費と契約」「若者に多い消費生活トラブル」などについて詳しく教えていただきました。
 講座を受講した生徒からは「来年から社会人生活が始まるので、親に任せていた契約など気を付けて契約をしていきたい。」「クレジットカードは、まだ使うことはないだろうと考えていたが、成人年齢が下がり、すぐに持つことができるということを知って、もっと詳しく勉強しようと思った。」など多くの感想を聞くことができました。

 

 

2021年12月21日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(自然コース)

 11月22日(月)5,6限、わたしたち自然コースは、竹で作った竿を使って魚釣りをしたのでその魚を調理しました。自分たちで身を捌いたり油で揚げたりしました。自分たちで釣って作った魚はいつもよりおいしかったです!!この体験をとおして、自分たちでやってみることの楽しさを学ぶことができました。

 

 

 

2021年12月21日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(自然コース)

 11月15日(月)5,6限、わたしたち自然コースは、竹で作った釣り竿で安下庄に釣りに行きました。市販の竿で釣るよりも竹の竿で釣ったほうがよく釣ることができました。大きい魚は釣ることができなかったけど小さいスズメダイや鯛を釣ることができました🐡 これからも現代的な竿などではなくて、竹などを使って工夫したことにも挑戦していきたいとおもいました。

 

 

2021年12月21日

郷土おおしま発表大会

12月14日(火)「郷土おおしま発表大会」を行いました。今回はこれまでとは異なり、Zoomを使って大島中学校、周防大島中学校、周防大島高校の連携校同士をオンラインでつなぎ、郷土おおしまに関わる発表をしました。大島中学校は「周防大島町が元気になる10億円の使い方」と題して町の活性化のためのユニークなアイデアを出し合って発表し、周防大島中学校は「私たちの郷土、周防大島」と題して町の歴史、文化、建造物等について深く調べて発表した。また、最後に周防大島高校は環境コースが行っているニホンアワサンゴの生育の取組と、地域創生科の介護実習や地元企業での就業体験の紹介をしました。生徒は発表大会が終わった後の感想に「『大島を良くしたい、魅力を伝えたい!』という共通した気持ちがどの発表からも伝わった。」などのコメントを書いていました。

 

 

 

 

2021年12月17日

「人権教育講演会」

 12月10日(金) に全校生徒を対象とした「人権教育講演会」を実施しました。人権擁護委員の河原光雄様を講師にお迎えして「空虚な胸の内を満たしてくれるものは何か~一人でもいい分かってくれる人が~」という演題で講演をしていただきました。
 50分という短い時間でしたが、人権の基本的な考え方や、日本と欧米の人権の違い、「いのち」について、近年の様々な人権課題、人の痛みを感じ取れる人権意識などさまざまなことについてお話をしていただきました。
 生徒たちはメモを取りながら非常に熱心に話を聴き、講演後には「人権の大切さを改めて知ることができた。」「人の痛みを感じ取れる人間になろうと思った。」「お互いを認め合うことは大切だ。」など思い思いに感想を綴っていました。
 生徒にとって、人権課題の現状や人権の大切について改めて学ぶことができたと同時に、自分の普段からの振る舞いを見つめ直す良い機会になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年12月16日

学校保健安全委員会

 12月2日(木)に山中学校医、岡田学校歯科医、PTA役員の方々に参加していただき、学校保健安全委員会を実施しました。生徒の健康・安全を守るため、関係教職員以外の教職員も参加し、例年とは違った形での開催となりました。前半は、山中達彦学校医に「AEDについて」の講話をしていただきました。冒頭では、事件が発生し、生徒役の教員が倒れるなど、ブラインドでAEDが必要となる訓練を行いました。ブラインドで実施することで、AEDが必要になったときの学校内での教職員の動きを改めて確認することができました。また、講話では、ドクター目線での話を聞くことができ、AEDについて知識を深めることができました。後半は、生徒健康診断の結果や学校環境衛生等、生徒の健康の保持増進のために協議を行いました。あらゆる立場から生徒の健康・安全を考えることのできた有意義な学校保健安全委員会でした。

 

 

 

 

 

2021年12月16日

「総合的な探究の時間」講演会

 12月7日(火)1年次生の「総合的な探究の時間」に株式会社 KASAHARA HONEY 代表取締役の笠原隆史様から、「周防大島の魅力と課題~起業・定住を通して~」と題して講話をしていただきました。
 講話では、ミツバチについての話や御自身の経験や周防大島の魅力と課題について、熱い思いを込めてお伝えいただきました。
 生徒は「ハチミツのことについてたくさん知ることができた。」「夢をもつことの大切さがわかった。自分もこれから夢をもってどう生きるかを考えたい。」「自分も高校生活で地域の方や大人の人と協力して、自分自身を輝かせていけるようにしたい。」と感想を綴っていました。
 生徒にとって周防大島に対する関心を深め、自身の将来について考える良い機会となりました。

 

 

2021年12月08日

校内販売実習

 3年生ビジネスコースです。11月24日(水)の昼休みに第1回校内販売実習を行いました。今回は、3年生と教職員を対象に城山製パンのパンとオリジナルタオル等を販売しました。
 販売時間は昼休みだけの為、完売するか不安でしたが、パンは、約25分で完売しました。今回の校内販売を通して、良かったところもあれば課題もたくさん見つかりました。
 来月には、第2回校内販売実習を予定しています。次回は、対象者を全校生徒と教職員にターゲットを広くして行います。次の校内販売でも完売を目指します。そのために仕入計画や販売計画などを練り直し、準備を行っていきたいと思います。
 お忙しい中、ご協力してくださった城山製パンさん、そして購入してくださった多くの方々、本当にありがとうございました。

 

 

2021年11月25日

着任式!

 11月24日(木)から、新しいALT(外国語指導助手)としてネオミ・ワード・ヨーコ先生が着任されました。ネオミ先生はアメリカ合衆国のアイダホ州で育ち、学生時代には多くのクラブ活動に参加しており、日本の高校の部活動にも興味を持っています。
 これから、ネオミ先生が授業中に生徒に英語を教え、生徒たちが休み時間や放課後に日本語や日本の文化、部活動についてネオミ先生に教える中で、互いに成長できる関係になっていくことと思います。
 これからよろしくお願いいたします。

 From Naomi sensei
 Hello! My name is Naomi Ward and I am the new assistant language teacher at Suo Oshima High School. I am from the United States and this is my first time living in another country.
 I am excited to be in Suo Oshima – the scenery is so beautiful. I hope to learn a lot about the Japanese language and culture, as well as share my knowledge about English and the United States.
Thank you!

 

 

 

 

2021年11月24日

修学旅行に行ってきました!

 11月18日(木)~20日(土)の2泊3日で、2年次生が長崎・熊本方面へ修学旅行に行ってきました。
 1日目は、長崎原爆資料館や平和祈念公園、出島、中華街を巡りました。長崎原爆資料館では、集合時間のぎりぎりまで丁寧に資料を観る生徒が多くいました。また、平和祈念公園では、事前準備の時間に2年生が平和への祈りを込めて作成した千羽鶴を捧げました。戦争の恐ろしさや平和の尊さについて、あらためて考える機会となりました。
 2日目は、班別自主研修を行いました。各班で立てた研修計画をもとに、長崎市内を路面電車等を使って巡りました。グラバー園や亀山社中、めがね橋などへ行く班が多かったようです。長崎の文化や歴史に直接触れ、いろいろなことを感じられる時間となりました。集合時間には、両手いっぱいにお土産をかかえてバスに乗り込む生徒もいました。
 最終日は、グリーンランドで過ごしました。日本一のアトラクション数を誇るテーマパークで、1日があっという間に過ぎていきました。仲間との親睦をさらに深める時間となりました。思い出の写真もたくさん撮れたようです。
 コロナ禍での修学旅行ということで、例年とは異なる行き先や日程となりましたが、昨年度修学旅行に行けなかった3年生の分も、充実した修学旅行にできたと思います。この経験を自信に、周防大島高校の原動力となれるようがんばっていきましょう。

 

 

 

 

 

2021年11月20日

「総合的な探究の時間」講演会

 11月16日(火)1年次生の「総合的な探究の時間」に株式会社 瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役の松嶋匡史様から、「周防大島の魅力と課題~起業・定住を通して~」と題して講話をしていただきました。
 講話では、松嶋さんが周防大島の魅力に魅せられてジャム店を起業した経緯や周防大島に定住されて苦労されたことなどを話されました。生徒は、「行動力・チャレンジ力・人を巻き込む力があれば夢は実現できる」「田舎が不利・不便で魅力のない時代ではない」「創造力を身に付けて100年後も続くような仕事を作っていきたい」などの言葉に感銘を受け、「松嶋さんのように夢を持ち、島の魅力を活用してみたい」と感想を綴っていました。

 

 

 

 

2021年11月19日

アロハ・プロジェクト2021展

 10月9日に実施した「アロハ・プロジェクト2021」ですが、その後生徒たちが制作したアロハシャツを学校の来校者入口付近に展示していました。そこで、これらのアロハシャツを是非とも町民の皆様にも御覧いただきたいと思い、町民の皆様がたくさんお立ち寄りいただけそうな会場を選び期間限定で展示することになりました。この機会にぜひ生徒たちの作品や、今後生徒たちが着ることになるオリジナルアロハシャツを御覧ください。
 周防大島町役場大島庁舎    11月22日(月)~30日(火)
 周防大島町役場久賀庁舎    12月1日(水)~10日(金)
 周防大島町文化交流センター  12月11日(土)~20日(月)
 橘総合センター        12月21日(火)~27日(月)

 

 

2021年11月18日

姉妹島であるカウアイ島の皆さんとオンラインで交流しました!

 11月13日(土)にフィールドワークⅡのハワイアンコース5名がカウアイコミュニティカレッジの教授や学生並びにカウアイ島山口県人会の方々とオンラインビデオチャットを行いました。周防大島とカウアイ島では19時間の時差があるため、日本時間では土曜日の午前、カウアイ(ハワイ)時間では金曜日の午後に行われました。生徒が作成したカウアイ島と周防大島のゆかりの地を紹介したビデオレターはカウアイ島の皆さんから大好評でした!「周防大島により行きたくなった」「懐かしい場所が見られた」などのお声もいただきました。たくさんの工夫を凝らして時間をかけて作ったビデオレターだったので、生徒も嬉しそうでした。カウアイ島の皆さんからは素敵なビデオや生歌を披露していただきました。言語は違っても、気持ちがあればコミュニケーションを取れるのだと実感し、離れていてもとても温かい雰囲気に包まれました。生徒は「英語が通じて嬉しかった」「リラックスして楽しむことができた」と振り返りました。多くの方のご尽力のおかげでとても素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

 

 

 

2021年11月13日

“届けよう、服のチカラ”プロジェクト 活動終了 ご協力ありがとうございました!

 11月12日(金)、1年次生全員で、本校が取り組んでおりました「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」の総決算となる服の箱詰め作業を行いました。本プロジェクトはファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー)がUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とともに取り組む 、小・中・高校生対象の参加型学習プログラムです。
 出張授業を受けたのち、校内や地域で着なくなった子ども服を回収し、回収した服は、難民などの服を必要とする人々に届けられます。
 本校の生徒たちはポスターを作成し、町内の中学校に回収箱を設置させていただいて回収を呼びかけ、また、町の広報誌にも取組について記載させていただきました。
 今年は、保護者や地域の皆様のご協力もあり、お蔭をもちまして、過去最高の2741枚の服を集めることができました。本当にありがとうございました。皆様からお寄せいただいた服は、ユニクロを通じて世界の難民の子ども達に届けられます。

 

 

 

 

2021年11月12日

第7回やまぐち高校生県議会

 11月12日(金)に生徒会役員の2年松島さん、來海さんの両名が第7回やまぐち高校生県議会に参加しました。
 初めての本会議場に緊張した面持ちでしたが、念入りに準備をしてきたこともあり堂々とした態度で質問を行えました。また、柳居俊学県議会議長、繁吉健志教育長とお会いすることもでき大変貴重な体験ができました。
 今回の体験を活かして、今後の生徒会活動にさらに寄与してくれるものと思います。

 

 

 

 

 

2021年11月12日

【寮生日記】オープンキャンパス アロハプロジェクト2021ファッションショー👕✨

 今回、寮生日記を務めます。女子寮2年の幾原です!
 10月9日のオープンキャンパスの日に、本校でアロハプロジェクト2021ファッションショーが行われました。私もモデルとして参加し、山口県立大学の大学生にメイクやウォーキングの指導をしていただきました。本番はとても緊張しましたが、拍手や、友達からの名前を呼ぶ声が嬉しかったです。また、大学生の歩く姿は堂々としていて、綺麗でかっこよく、プロのモデルの様でした。周防大島高校の先生方もモデルとして参加されました。普段見られない先生方のかっこいい姿を見ることが出来て、とても楽しかったです。
 大学生と関わることや、ランウェイを歩くなどなかなかできない貴重な経験をさせていただきました。

 

 

2021年10月27日

2年次フィールドワーク「災害時の簡易テント張りに挑戦」

 10月21日(木)2年次の「フィールドワークⅠ」で簡易テント張りに挑戦しました。2学期の「フィールドワークⅠ」では、「歴史コール」「文化コース」「食コース」「防災コース」に分かれて活動しています。
 今回の「防災コース」では、災害時に高校生としてどのようなことができるか、災害時を想定してビニールシートを用いた簡易テント張りに挑戦しました。生徒は、慣れない手つきでビニールシートを角材に取り付けたり、支柱とペグをロープで結んだり、何とかテントを張ることができました。生徒は「いぞという時のために今日の経験を活かしたい」「災害時に行動できる人になりたい」と感想を綴っていました。

 

 

 

 

2021年10月27日

「保育職PRキャラバン隊出前講座」を開催しました。

 10月18日(月)の2限に「子どもの発達と保育」を受講している3年次生21名が「保育職PRキャラバン隊出前講座」を受講しました。この講座は、保育職の魅力を伝えるために県が開催しているもので、本校では、柳井市羽仁保育園の吉崎園長先生と保育士の松村さん、岩国短期大学の佐々木和美准教授にお話していただきました。
 資格の種類や進学先での学びの違いなどを教えていただいたり、実際に保育の現場で活用している手遊び歌も体験。園児だった頃のことを思い出したのか「懐かしい~!」と生徒たちの歓声が上がりました。保育士の松村さんは、実際に自分が通っていた保育園に就職したそうです。現在は、当時の憧れの先生に代わって園児さんと関わりながら、少しでもその憧れの姿に近づけるよう日々奮闘しておられるとのこと。素敵なエピソードも聞かせていただき、保育士を志望している生徒たちはキラキラした目でその話に聞き入っていました。現場の声を直接届けていただく機会を得て、生徒たちの進路実現に向けて背中を押していただいたような気がします。

 

 

 

 

2021年10月26日

【寮生日記】サタフラフィナーレに行ってきました🌺

 今回、寮生日記を務めます。女子寮2年の弥永です!
 10月10日にあさなぎ寮の寮生6人でアロハ・フラ島高が出演する“サタフラ2021フィナーレ”を見に行きました!
 寮生の中にもアロハ・フラ島高のメンバーとして活躍している友達がいます!
 みんな可愛くてキレイで、沢山練習したことが伝わってきて感動しました。最後には、会場にいるみんなでフラを踊って楽しみました!とっても楽しい休日でした🌈

 

 

 

 

2021年10月26日

島末の史跡探訪!

 10月21日(木)5,6時間目「フィールドワークⅠ」の授業で、2年次生普通科普通コースの生徒10名が、町文化財保護審議会会長の尾野榮明様を講師にお招きして、元正寺、島末学舎や筏八幡宮を巡りながら御指導いただきました。村上水軍の総大将であった村上武吉公のお話や島で出土した化石や土器のお話などとても興味深かったです。

 

 

 

 

2021年10月21日

スポーツⅤでアーチェリーに挑戦

 10月20日(水)スポーツⅤの授業でアーチェリー体験をしました。
 この授業は自然と関わりの深い野外スポーツを体験し、生涯スポーツに関わることのできる資質や能力を身に付けることを目標にしています。 
 今回はアーチェリー部の顧問である松本匡司先生から、アーチェリー競技の歴史や特性を踏まえ指導してもらいました。
 アーチェリーの弓や矢に初めて触れる生徒がほとんどで、悪戦苦闘しながらも的を懸命に狙い、アーチェリーの楽しさを味わうことができました。

 

 

 

 

2021年10月20日

1年次発表会「総合的な探究の時間」

 10月12日(火)19日(火)1年次生の「総合的な探究の時間」に発表会をしました。
 テーマは「周防大島の魅力と課題」「周防大島の産物と活用」「周防大島の福祉について」「周防大島の歴史と偉人」「周防大島で活躍している人」「カウアイ高校との交流」「周防大島高校の紹介」と周防大島に関してポスターセッション方式で発表しました。
 生徒は自ら周防大島の課題を探り、解決策を提案するなど学びを深めることができました。

 

 

 

 

 

2021年10月19日

サタフラフィナーレ!

 10月10日(日)に、「サタフラフィナーレ」に出演しました。今年の周防大島の夏の風物詩「サタフラ」は、8月初頭に開幕したものの、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1ヶ月足らずで全ステージが休止に。今回の「サタフラフィナーレ」は多くの方が待ち望んだ復活!あさなぎ寮生も駆けつけてくれました。
 部活動に専念していたため2年ぶりにステージに立つ3年生や、初舞台の1年生を含めた、ほぼオールメンバーの15人で計4曲を披露しました。グリーンステイながうらの広い芝の上で、15人が心をそろえて笑顔で踊ることができました。
 3年生は、大きな舞台はこれで最後になるかもしれません。3年生が繋いできた「アロハの心」を、これからは後輩たちが繋いでいってくれると信じています。
 すてきなステージに立てたこと、心より感謝します。そして感染拡大が落ち着いて、もっといろいろな場所、皆様にフラを披露できる日が来ること、を心より祈っております。また、どこかでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

2021年10月11日

「アロハ・プロジェクト」の集大成 ファッションショー2021開催!

 「公(周防大島町)大(山口県立大学)高(周防大島高校)連携協力に関する協定」の取組の1つ「アロハ・プロジェクト」について、県立大学の水谷教授の御指導のもと本校生徒たち自らが制作をしていたアロハシャツや、オリジナルのアロハシャツのお披露目会(ファッションショー)が本校体育館で開催されました。なお、このファッションショーは第2回オープンキャンパスの時間の中で実施したこともあり、参加してくれた中学生やその保護者の皆様も観覧され、喜んでいただいたと思います。
 ショーのモデルは、本校生徒6名、教員4名、県立大学生13名です。それぞれがステージやランウェイで華麗なウォーキングを行いましたが、ポーズを決めるたびに生徒たちから大きな拍手や歓声が沸きあがりました。また、司会は県立大学の学生さんでしたが、それに加え本校1年の吉田さんが英語の通訳を被せて司会を行ったことでショーが大変引き締まったと思います。最後に、準備や裏方として活躍してくれた県立大学の学生の皆さん、そして周防大島町役場の皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月09日

第2回オープンキャンパス開催!

10月9日、第2回オープンキャンパスを開催しました。今年度は全体説明や部活動見学、寮見学、個別面談に加え、新たに授業参観を設け、本校の学習活動を間近で見ることのできるプログラムとしました。見られる側の本校生徒も緊張していましたが、授業の内容や様子を理解できる一助となったと思います。また、今年はアロハプロジェクト2021ファッションショーも参観するなど、盛りだくさんの内容となりました。中学校3年生にとってはそろそろ自分の進路が気になる時期となってきましたが、自分の夢の実現に向けてよりよい道を選んでもらえたらと思います。
午後からは硬式野球部活動体験・海南里寮見学もありました。初めて高校野球に触れる機会だったこともあり最初は戸惑っていた中学生でしたが、本校部員が積極的にリードすることでだんだんと慣れ、思い切りの良いプレーがどんどん出てきました。秋空のもと、いつもより人数の増えた久賀校舎のグランドにはつらつとした声が響いていました。

 

 

2021年10月09日

クリーンウォークを行いました。

第3回考査の最終日に、恒例のクリーンウォークを行いました。今回もテスト明けにも関わらす、約70人の生徒が参加をして、地域のごみ拾いを行いました。
また、今回はクリーンウォークと並行して、ボランティア・ユネスコスクール委員その他有志25名程度が中心となって学校から庄南ビーチにかけての道路や海岸の清掃を行いました。

 

 

 

 

 

2021年10月06日

第2回学校運営協議会を開催しました

 10月1日(金)第2回学校運営協議会を開催しました。
 前半で安下庄校舎、久賀校舎のこれまでの取組を報告し、11月12日(金)に実施される第7回やまぐち高校生県議会に岩国・柳井地区代表として出席する本校生徒2名が質問を協議会委員の方々に事前に聞いていただき御意見をいただきました。後半は熟議を行いました。協議会委員の方々に生徒会役員5名と教員も加わり3つのグループに分かれ、「周防大島高校の未来について」をテーマに進めました。最後はそれぞれのグループで交わされた意見を全員で共有しました。とても充実した熟議になりました。

 

 

 

 

 

2021年10月01日

tys mix ドキドキの生中継!

9月28日(火)tysの夕方の情報番組「mix」の生中継に参加させていただきました。授業後、ダッシュで会場入り。大慌てでリハーサルをし、10分後には本番です。今回はメンバー2人にもインタビューの依頼が。奥野粋子アナウンサーに優しく声をかけていただき、少し緊張がほぐれた2人でした。
この中継は10月9日、10日に開催されることになった「サタフラ2021フィナーレ」をPRするもの。アロハ・フラ島高もほぼフルメンバーで参加予定です。多くの方のご尽力に感謝し、踊れる喜びを全身で表現することで周防大島の魅力を発信したいと思います。
感染対策がしっかりされた会場でお待ちしています。

 

 

 

 

 

2021年09月28日

周防大島町グッズ計画 その後

山口県立大学との新プロジェクト「周防大島町グッズ計画」続報です!
9月22日(水)県立大の先生方にお越しいただき、生徒が考えた「デザイン」に助言をいただきました。「生徒から見た大島ならでは」が詰まったデザイン。プロの目線でいただくアドバイスに生徒の発想もどんどん膨らみます。貴重なアドバイスを活かしつつ、高校生らしい感性を爆発させたいと思います!完成まで今しばらくお待ちください。

 

 

 

 

2021年09月28日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(自然コース)

9月17日(月)5,6時間目「フィールドワークⅡ」の授業において、自然コース11名が竹を切り工作を行いました。想像よりも固い竹に悪戦苦闘しながらも、お互いに協力して頑張っていました。工作では、切った竹を用いて釣り竿や竹馬を作成しました。生徒たちは真剣な様子で、安全に気を付けながら楽しんでいました。

 

 

 

2021年09月28日

〔3年次普通コース〕フィールドワークⅡ(政策アイデアコース)

 6月から三か月間、「周防大島を元気に!」をモットーに2グループで政策アイデアを考えてきました。コンテストに応募するのですが締め切り間近・・・。行き詰ったところもちらほらあったので、今回は町役場の西村さんと、地域町おこし隊の山田さんをお招きして、ビシバシとアドバイスをいただきました。やっぱり専門家ってすごい!いいアイデアができそうです!

 

 

 

2021年09月27日

〔3年次環境コース〕環境科学Ⅱ(水仙植え)

 午前中は、地家室集落にある水仙ロードで地元の方と一緒に水仙の球根を採取しました。
 午後からは、周防大島ニホンアワサンゴが生息する地蔵ヶ浦「水仙の里」の段々畑に、採取した水仙の球根を植えていきました。
 今回参加した生徒は昨年度も水仙植えに参加して慣れており、手際よく作業を進めていて皆さん驚かれていました。
 今後も様々な形でニホンアワサンゴに関わっていければと思います。

 

 

 

 

2021年09月27日

【寮生日記】フラファイナルショー!

 今回、寮生日記を務めます。女子寮の中川です!今年のフラの出番もあと数回になってきました。そのなかでも大勢の人の前で踊るのは10月10日にあるサタフラファイナルのみです。その日は初めてグループ全員で踊ることができるので、いまからとても待ち遠しいです。グループメンバーもその日に向けて一生懸命自主練習をしています。今年最後の舞台となるので気になる方は来ていただけると嬉しいです!

 

 

2021年09月27日

大島柑きつ試験場を訪問しました

 1年次の「総合的な探究の時間」では、いくつかのグループに分かれて、「周防大島」を題材により深く学ぶ「島・学・人プロジェクト」を進めています。
 その中で、「周防大島の産物と活用」について考えるグループは、周防大島で持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための方策を考えています。周防大島といえば、「みかん」に代表されるように農作物が豊富な地域です。一方で、農作物を栽培・消費する際に発生する廃棄物などについてはあまり注目されてきませんでした。そこで私たちは1学期に「廃棄される物でなにか新しい産品を作ることはできないか?」という課題をもち、夏休みにその課題の解決案を各自で実験・考察しました。
 さすがに私たちの知識だけでは心許ないので、地元の柑きつ類を研究しておられる大島柑きつ試験場を訪問して、柑きつ類のことをいろいろ教わりました。摘果の時期や果実の種類、今まで摘果したものをどのような産品に加工したかなど、私たちの質問に具体例を挙げて答えてくださいました。おかげで、私たちの課題に対するアプローチの方法が分かってきました。また、今後の具体的な活動の試料として、試験場で摘果したみかんを分けていただきました。まだ色づく前の小さな摘果みかんですが、香りも高く様々なことに活用できそうです(実際に学校に帰って試食してみましたが、味も香りも良くおいしかったです!)。
 いただいたみかんを余すことなく、活用できるような研究を進めることができればと思っています。

 

 

 

 

2021年09月22日

安下庄の四季の祭りの歴史について学びました!

 9月16日(木)5,6時間目「フィールドワークⅠ」の授業で、2年次生普通科普通コースの生徒が、長尾八幡宮におじゃまして、宮司の長尾健彦様から「安下庄の四季の祭り」について講話をいただき、祭りに込められた意義など、とても楽しく学ばせていただきました。お話だけでなく、「踊り歌」や「亥の子歌」を実際に歌ってくださったり、篠笛を披露していただいたり、最後には、なかなか見ることのできない八幡宮の設計図を見せていただいたりしました。今日の学びを通して、「亥の子」のような伝統行事を引き継いでいきたい!と感じました。

 

 

 

 

 

2021年09月21日

2021オンライン・フェスティバル撮影

 9月12日(日)、アロハ・フラ島高のメンバー8人が、オンライン・フェスティバル用の動画撮影に挑みました。これは残念ながらコロナ禍で中止となったフラガールズ甲子園の代替イベントです。お日様には恵まれませんでしたが、周防大島内のサンシャインサザンセトさんとグリーンステイながうらさんのご協力のもと、2曲を撮影しました。撮影してくださったのは、島内在住のプロカメラマン磯谷勝也さん。講師の小林一恵先生をはじめ、たくさんの方に支えられ、笑顔で撮影を終えることができました。編集後の動画は、11月14日に行われるオンライン・フェスティバルの中で披露します。お楽しみに♪

 

 

 

 

2021年09月16日

周防大島町グッズ計画

 9月10日(金)、山口県立大学との新プロジェクトが始動しました。今回は「周防大島町グッズ計画」。本校生徒のデザインがキャラクター化・グッズ化するかも!美術部の生徒を対象に、県立大の先生方から「デザインする」についてのレクチャーを受けました。周防大島の魅力をいかに伝えるか。発想力が試されます。今後は22日に来られる県立大の先生方から直に助言をいただき、10月頭の完成に向けて楽しみながら頑張っていきます。

 

 

 

2021年09月16日

ウェン先生! Thank you for everything. We'll never forget what you have done for us.

 離任式後、ウェン先生に感謝のフラをプレゼントしました。着任中ウェン先生は茶道や筝曲など様々な日本の文化に興味を持ち、チャレンジする姿を見せてくださいました。残念ながら、フラを一緒に楽しむ機会はありませんでしたが、周防大島高校での思い出の一つになればと心を込めて踊りました。プレゼントしたおそろいのTシャツを見るたびに、周防大島高校での日々を思い出してもらえると嬉しいです。ウェン先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2021年09月16日

「スポーツⅤ」カヌー体験

 9月15日(水)「スポーツⅤ」の授業でカヌーを体験しました。
 この授業は自然との関わりの深い野外スポーツを体験し、生涯スポーツに関わることの出来る資質や能力を身に着けることを目標にしています。
 今回は周防大島町にあるB&G海洋センターの指導員の方から、海での安全確保やカヌーの乗り方・漕ぎ方を教えてもらい沖ノ島を目指しました。
 生徒は”沈”(カヌーが転覆すること)しながらも懸命にカヌーを漕ぎ、マリンスポーツを楽しみました。

 

 

 

 

 

2021年09月15日

ニホンアワサンゴ観察記録(令和3年夏)その2

 9月2日のTopicsでお伝えしたように、元気のない(ように見える)ニホンアワサンゴの回復を目指して日々お世話を続けています。
今日は、水槽内の大掃除と水の入れ替え、ライトと水流ポンプの増設をしました。これで元気になってくれるといいのですが・・・。

 (9月14日追記)掃除前より元気に活動している群体が増えたような気がします。今後もしっかりと観察を続けたいと思います。

 

 

2021年09月13日

「TOKYO 2020」聖火リレートーチとユニフォーム。

 9月13日(月)「TOKYO 2020」の聖火リレートーチとユニフォームを聖火ランナーだった周防大島町の方に借りて生徒昇降口に展示しました。(※聖火リレーは、コロナ禍の影響でこの地域では実施できなかったそうです)
生徒は聖火リレートーチやユニフォームを見て、オリンピックの感動を再び思い出し、余韻に浸っていました。
 また、体育の体育理論の時間に「オリンピック」について調べ学習をする際にも聖火リレートーチなどを手にすることで、オリンピックのメージをもって学習することができました。

 

 

 

2021年09月13日

吹奏楽部サプライズコンサート

 9月10日(金)3階渡り廊下にて吹奏楽部サプライズコンサートを実施しました。
 新型コロナウィルス感染拡大につき、8月末に予定されていた演奏会が延期となってしまいました。その影響で3年生最後の演奏機会が減ったこともあり、「何か演奏できる場はないか?」と部員全員で考えた結果、このサプライズコンサートを急遽行うこととなりました。
 時間が短かったこともあり、十分な練習時間がとれない状況でしたが、全校生徒に自分たちの音楽で元気を届ける!という強い気持ちで演奏しました。3曲の演奏でしたが、私たちの音と気持ちが校舎に響き、多くのあたたかい拍手をいただきました。3年生はこれでひとまず引退となりますが、これからも周防大島高校吹奏楽サウンドをいろいろな場面で響かせていきたいと考えています。
 これからの吹奏楽部の活躍もお楽しみに!
 
 演奏曲目
 ・学園天国 ・星影のエール ・名探偵コナンメインテーマ

 

 

 

 

2021年09月10日

宮本常一さんに学ぶ!

 9月9日(木)5,6時間目「フィールドワークⅠ」の授業で、2年次生普通科普通コースの生徒が、周防大島文化交流センター学芸員の徳毛淳洋様を講師にお招きして、「地域調査の方法について」講話をいただきました。周防大島出身の宮本常一さんのフィールドワークの手法を中心に、とても参考になるお話でした。これから実際に周防大島を島じゅうキャンパスとしてフィールドワークを実践するときに活用します。

 

 

 

 

2021年09月09日

面接練習・・・緊張しました・・・

 9月9日(木)、10日(金)の放課後、2日間にわたって、PTA役員の方々に御協力をいただき、3年次生の就職希望者を対象として面接練習を実施しました。本番さながらの緊張感のもと面接練習に励み、多くのアドバイスをいただきました。就職試験本番でもいただいたアドバイスを忘れず、全力を尽くします!

 

 

 

 

2021年09月09日

進路の日

 9月7日(火)は、第2回「進路の日」でした。
 1・2年生は自分の学力を試す模擬試験ののち、自分たちのこれからの進路に向けたLHR。
 3年生は面接練習をたっぷりと!面接練習の後、進学希望者は自分たちの進もうと思っている分野についての進路ガイダンスに参加しました。
 各学年の「今」に沿ったテーマで学習し、進路意識を高めることができたのではないでしょうか。
 1・2年生は、3年生の頑張りを今のうちにしっかりと見て、自分たちの進路実現に向けて今のうちからコツコツと準備を進めていきましょう!

 

 

 

 

2021年09月07日

体育祭を行いました!

 9月4日(土)に体育祭を実施しました!
 前日まで続いた悪天候のため、体育館での実施も検討されましたが、当日の朝早くから教員・生徒が一丸となって整備を行い、グラウンドでの実施となりました。

 3年次生は高校生活最後の体育祭、1・2年次生にとっては初めての体育祭でしたが、実は仮校舎の時には、体育祭を周防大島町陸上競技場で行っていたので、本校グラウンドでの実施も久しぶりのことでした。

 今年度は、紅隊と白隊の2隊に分かれての実施で、個人種目、団体種目や応援合戦、どの競技も白熱しました。最後は、僅差で白隊の勝利!皆さんお疲れ様でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年09月04日

ウェン先生離任式

 Weng Heng Vooi先生の離任式が9月3日(金) に行われました。約2年間、生徒のために授業はもちろん、掲示板で英語に興味をもたせる工夫もされました。茶道部の活動や、学校行事にも積極的に参加され、英語で話しかけてくる生徒には優しい英語で、また教職員には積極的に日本語で話しかけ、自身の「日本語力」も格段にアップし、その成果を発揮すべく、日本語で挨拶されました。寂しくなりますが、イギリスに行ったときには会えるといいですね。

 

 

 

 

 

2021年09月03日

ニホンアワサンゴ観察記録(令和3年夏)

 今年の7月から本校で飼育・展示をしているニホンアワサンゴですが、ポリプを伸ばさす元気がなさそうな群体がちらほら観察され始めました。
 その原因究明のため、自然公園指導員の藤本さんと岩国市にあるミクロ博物館の末友館長が急遽様子を見に来てくださいました。最初にサンゴの生態や病気の講義をしてくださり、その後、生徒と一緒に顕微鏡を用いて調査をしてくださいました。
 頂いた助言をもとに改めて飼育方法を検討し現在も観察を続けています。よい報告が皆さんにできるように頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

2021年09月02日

第2学期始まりました!

 9月1日(水)第2学期始業式が行われ、その後、賞状披露がありました。
 今学期も感染防止対策を徹底し、学習内容や活動内容を工夫しながら可能な限り学校教育活動を継続していきます。

 

 

 

 

2021年09月01日

第4回目の「地域みらい留学(オンライン)」学校説明会が開催されました

 今年度4回目となる「地域みらい留学」学校説明会がオンラインで8月28日(土)に開催されました。今回も、生徒会長の松島さん、副会長の來海さん、山崎さんたち3人が、パワーポイントを使用してのオンライン配信でした。3人の息がピッタリでとても良いプレゼンでした。また「アロハ・フラ島高」のメンバー、小原さん、尾高さん、石村さん(來海さん、山崎さんもメンバー)の5人にフラを披露してもらいました。とても見事なフラでした!視聴してくださった全国の中学3年生のみなさん、10月9日(土)には、第2回オープンキャンパスがあります。待ってます!

 

 

 

 

2021年08月28日

『アロハプロジェクト』第2弾 アロハシャツを制作しました!

 8月20日(金)に『アロハプロジェクト』の第2弾が行われました。2,3年生の生徒6名が山口県立大学を訪ね、オリジナルアロハシャツの制作をしました。国際文化学部文化創造学科の大学生が、ミシンの扱い方や縫製の仕方などを優しく教えてくれたため、生徒は楽しく集中して制作に取り組み、充実した時間を過ごすことができたようです。アロハシャツの生地を自分で染色、デザインした生徒もいます。
 当日、完成までは辿り着きませんでしたが、本校に持ち帰り完成させ、10月のファッションショーで制作したアロハシャツをお披露目する予定です!

 

 

 

 

2021年08月20日

「周防大島地域 中高合同学習会」を開催しました!

 8月19日(木)に、大島中学校、周防大島中学校との中高合同学習会を開催しました。2中学校から3年生57人が参加し、基礎、標準、活用・発展の3クラスに分かれて学習を進めました。参加した生徒は、基礎の定着や高校入試に向けた問題演習など自分の課題を解決するため、真剣に授業に臨んでいました。他校の生徒と切磋琢磨しながら学ぶことで、学習意欲も高まっていました。
 以下に参加した生徒の感想をいくつか御紹介します。
「自分の足りてない部分がわかったり、新しい知識に触れることができ、今後の勉強に生かしたいと思った。」
「どの授業もわかりやすく、意欲的に取り組めた。」
「他校の生徒と交流でき、刺激を受けた。」

 

 

 

 

2021年08月19日

「イングリッシュキャンプ」を開催しました!

 8月17日(火)に、大島文化センターにて、イングリッシュキャンプを開催しました。周防大島高等学校の生徒と連携2中学校の生徒合わせて16名が参加し、県内高校から集まったALT(外国語指導助手)3名と交流しました。
 英語で答えるジェスチャーゲームや英文をヒントに宝を探すトレジャーハントなど、楽しみながら英語を使う活動が盛りだくさん。参加者全員盛り上がりました。はじめは慣れない様子だった生徒たちも、自分の好きなものを英語で紹介するスピーチでは、ALTからのアドバイスをもとに一生懸命練習し、最後には堂々と素晴らしいスピーチを披露しました。
 今回のキャンプは、参加した生徒にとって、英語を実際に話すことに慣れ親しむ良い時間となり、「英語の楽しさをあらためて感じた。」「来年も参加したい。」という声が聞かれました。

 

 

2021年08月17日

ボート部が福井県で行われたインターハイに出場しました。

 8月16日に福井県久々子湖漕艇場で全国高校総体ボート競技が開幕しました。周防大島高校からは男子舵手付きクォドルプルと男子ダブルスカルが出漕しました。惜しくも敗退してしまいましたが、全国のレベルの高い中で熱いレースを展開することができ、とても良い経験になりました。多くの方からの応援が力になりました。ありがとうございました。この経験を胸に、より一層頑張っていきます。

 

 

 

 

2021年08月16日

第1回オープンキャンパス開催

8月7日(土)、安下庄校舎にて第1回オープンキャンパスが開催されました。昨年度よりも大幅に参加者が増え、102名の参加となりました。新型コロナウイルス感染症対策として、全体説明は講演室から各教室へリモートで行いました。その後の体験授業や部活動体験などは、本校の特色が分かるプログラムとなっており、参加された中学生は興味を持って体験しておられました。

 

 

 

 

2021年08月07日

2021サタフラ開幕!!

 8月7日(土)に、「瀬戸内のハワイ」周防大島の夏の風物詩「サタフラ(サタデーフラ)」が開幕しました。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ステージが中止に。生徒にとっても待ちに待ったステージです。
 2,3年生メンバーからこの日は9名が4曲を披露。衣装の早替えにも挑戦しました。多くの方の支えの中で、今日のステージに立たせていただいていることに感謝しながら、笑顔で踊り切りました。
 次のステージは、8月21日(土)グリーンステイながうらです。本来ならば福島県で開催されるフラガールズ甲子園へ出発する日でしたが、こちらの大会は中止に。21日のステージでは、甲子園の課題曲・自由曲を、そして新しい衣装を披露します。
 グリーンステイながうらの素晴らしいロケーションの中で、思いっきり楽しんで踊りたいと思います。ぜひ、ご覧ください!

 

 

 

 

 

2021年08月07日

山口県教育長に激励のお言葉をいただきました!

 8月6日(金)に、山口県教育庁より繁吉教育長様が訪問され、本校ボート部とアロハ・フラ島高を激励していただきました。
 ボート部は北信越総体2021に、男子舵手付きクォドルプルと男子ダブルスカルで出場。アロハ・フラ島高は第10回フラガールズ甲子園に参加予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により大会は中止に。秋にオンラインで開催される代替大会に参加予定です。
 激励のお言葉を胸に、これからの大会や活動でさらに躍進していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2021年08月06日

特別進学コース「学習セミナー」

 8月3日(火)、4日(水)に本校特別進学コース生徒を対象に学習セミナーを行いました。
大学進学に対する意識を高めるとともに学習に主体的に取り組む姿勢を身に付けることを目的として、予備校や他の高校から先生をお招きし、受験に向けた講話や国数英の講義を行っていただきました。
 生徒たちも「受験勉強や教科の学習の仕方がわかった。」、「勉強への意識が高まった。」、「他学年や他校の生徒(オンライン中継)と交流ができてよかった。」、「現実を改めて認識した。」などと感じており、充実した時間を過ごすことができたようです。

 

 

 

2021年08月04日

【寮生日記】スイカ割り🍉

あっという間に7月も終わり、本格的な暑さを感じることが多くなったように思います。寮ではみんなでスイカ割りをしました!夏らしさを感じられてとても楽しかったです。熱中症にも気をつけながら充実した休日を過ごしたいです!

 

 

 

2021年08月04日

「海と日本プロジェクト in 山口」ぶち海体験隊Ⅱ海の異変を調査せよに本校の生徒が参加しました。

 日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環である、ぶち海体験隊が周防大島で行われ、その学びサポーターとして本校生徒6人が参加しました。今回は7月に行われた第1回の続きになります。小学5・6年生約20人が、周防大島に世界最大級の群生地があるニホンアワサンゴを学ぶお手伝いをしました。今回の大きな仕事は2つで、小学生が実際に海に入ってニホンアワサンゴを観察するサポートと、ニホンアワサンゴの群生地がある海を育む周辺地域、特にアベマキの森周辺を案内することでした。本校生徒と小学生は第1回で仲良くなっているので、再会を喜んだり別れを惜しむ光景も見られました。
参加した本校生徒は、またこのような機会があればぜひ参加したいと声をそろえて言っています。

 

 

 

 

2021年08月03日

読売テレビ「遠くへ行きたい」がやってきた!ゲストは永井大さん!

 アロハ・フラ島高全国放送デビュー!!
 読売テレビ「遠くへ行きたい」の取材班と俳優永井大さんが本校を訪れ、アロハ・フラ島高のレッスンを見学されました。もちろんサプライズ訪問!永井さんがいらっしゃるとは知らなかった生徒は大興奮!「きゃー、カッコイイ」「きゃー、顔ちっちゃい」と大騒ぎでした。
 渾身のフラを披露し、永井さんとたくさんお話したメンバー。永井さんは生徒の話に優しく耳を傾けてくださる、心もカッコイイ方でした。
 放送は8月15日(日)。関東方面は日本テレビで朝6時30分から。関西方面(山口県を含む)は読売テレビ系列で朝7時00分からの放映です。
 お楽しみに!

 

 

 

 

 

2021年08月03日

第3回目の「地域みらい留学(オンライン)」学校説明会が開催されました

 R3.7.31 第3回目の「地域みらい留学(オンライン)」学校説明会が開催されました! 今年度3回目となる「地域みらい留学」学校説明会がオンラインで7月31日(土)に開催されました。今回のプレゼンは、生徒会長の松島さん、副会長の來海さん、山崎さんたち3人が、暇をみつけては島内の色々な名所に取材に行ってくれたり、自分たちで時間をかけて制作してくれたパワーポイントを使用してのオンライン配信でした。また「アロハ・フラ島高」のメンバー、小原さん、新定さん、木口さんにもフラを披露してもらいました(來海さんと山崎さんもメンバーです!)全国の中学3年生のみなさん、いかがでしたか?本校は生徒たちの自主性を重んじる学校です。一緒にワクワク・ドキドキ体験をしましょう!

 

 

 

 

2021年07月31日

【寮生日記】スタート!

 あさなぎ寮で暮らす生徒たちの日常をお届けするトピックス【寮生日記】がスタートしました。まずは、女子寮の寮長、石野さんからです。
「本日より私たち寮生が最近あった何気ないできごとをお届けするトピックスが開設されました~!初のトピックスは女子寮からお届けします。」
「夏休みが始まりました。まずは早めに課題を終わらせて、たくさん遊びたいと思います。寮は海にとても近いので、寮生はよく海に行きます。たくさんの思い出を作るぞ~!!」

 

 

2021年07月21日

ボート部とアロハフラ島高の横断幕を設置しました。

 大島大橋南詰に、ボート部のインターハイ出場とアロハフラ島高のフラガールズ甲子園出場に係る横断幕を設置しました。残念ながらフラガールズ甲子園は中止になってしまいましたが、広く島内外の方々に本校の活動を知ってもらえたらと思います。

 

 

 

2021年07月21日

避難訓練を行いました。

 7月20日(火)、終業式前に避難訓練を行いました。炎天下の中、生徒たちは誰一人しゃべることなく本番さながら真剣かつ迅速に、校舎からグランドまでの長距離を避難しました。周防大島高校は、普段からやることがきちんとできる、そんな素晴らしい生徒たちがたくさんいる学校です。

 

 

 

 

 

2021年07月20日

【寮生日記】寮の大掃除!

 7月20日、明日が終業式なので今日は大掃除をしました。
 普段の掃除ではしない細かい所や外まで、2時間くらいみんな真剣に協力しながら綺麗にしました。
 8月のオープンキャンパスで寮に来られる方でわからない事があれば気軽に寮生に聞いてください。
 待ってます!(男子寮 寮長 石井)

 

 

 

2021年07月20日

ニホンアワサンゴを藤本町長さんが見に来られました。

 周防大島町の藤本町長さんが、7月15日(木)、本校で飼育しているニホンアワサンゴを見に来られました。あまり間近で見る機会がない綺麗な蛍光色のサンゴだけに、町長さんもとても感動され、思わずご自分のスマホで「パシャリ!」。町民の皆さんにも是非見に来て欲しいです。お待ちしています!

 

 

 

 

2021年07月15日

壮行式

 7月15日(木)全国高校総体に出場するボート部、全日本吹奏楽コンクール山口県大会に出場する吹奏楽部、さらには全国高等学校野球選手権山口大会に出場する硬式野球部の壮行式が行われました。みんな日々の厳しい練習に打ち込んできたと思います。昨年度は大会も開かれず悔しい思いをしていった先輩たちの分も、そしてこれまで支えてくれた人たちの分も、頑張るんだという、あきらめない気持ちを持って、それぞれの大会に臨み、周防大島高校の代表として、活躍してください。そして、人間的に一回りも二回りも成長して帰ってきてくれることを信じています。皆さんの健闘を祈っています。

 

 

 

2021年07月15日

生徒会長選挙

 7月15日(木)生徒会長選挙が行われました。立候補者は生徒会長に2名、副会長に1名です。それぞれが、明日の周防大島高校の未来を考え、本当に素晴らしい演説を行いました。生徒の皆さんも立候補者の思いを汲んで、清き一票を投じていました。

 

 

 

 

2021年07月15日

ニホンアワサンゴ採取(3年次環境コース)

 環境科学Ⅱの授業でニホンアワサンゴの採取を行いました。
 沖家室にある日本最大の群生地は、瀬戸内海国立公園の海域公園地区にあり、本来、ニホンアワサンゴを採取することはできません。
 しかし、本校の学習の一環として環境省から特別な許可をいただき、今回の採取が実現しました。
 校舎1階で飼育・展示をしているので、本校に来られた際はぜひ見てください。

 

 

 

 

2021年07月12日

安下庄高校同窓会総会が開催されました。

 周防大島高校は平成19年に安下庄高校と久賀高校が再編統合してできた学校です。その前身にあたる安下庄高校の同窓会定時総会が2年ぶりに開催されました。当日はコロナ禍ということもあり人数制限を設けての実施となりましたが、事業報告や決算報告等に加え、校長からしっかりと本校の現状や取組が報告されました。また、併せて役員改選が行われ、前周防大島町長の椎木巧氏が新たに会長に就任されました。今後とも同窓生の方々からの物心両面における御支援を賜りながら、充実した教育活動が展開できるよう努めてまいりたいと考えます。

 

 

 

2021年07月10日

クリーンウォークを行いました。

 第2回考査の最終日に、恒例のクリーンウォークを行いました。今回もテスト明けにも関わらす、約70人の生徒が参加をして、地域のごみ拾いを行いました。地域の方と挨拶を交わしながら、駐在所の警察官の方にもお褒めの言葉をいただき、生徒は充実した時間を過ごすことができたと思います。

 

 

 

 

2021年07月06日

「海と日本プロジェクト in 山口」ぶち海体験隊Ⅱ海の異変を調査せよに本校の生徒が参加しました。

 日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として、ぶち海体験隊が周防大島で行われ、その学びサポーターとして本校生徒6人が参加しました。小学5・6年生約20人が、周防大島に世界最大級の群生地があるニホンアワサンゴについて学ぶお手伝いをしました。今回の大きな仕事は2つで、なぎさ水族館の見学サポートとニホンアワサンゴをモチーフにしたお菓子づくりのサポートでした。8月にも2回目があり、実際にニホンアワサンゴの群生地に行って観察をする予定です。参加する小学生や本校生徒の一層の活躍を期待しています。

 

 

 

 

 

2021年07月04日

第2回目の「地域みらい留学(オンライン)」学校説明会が開催されました

 今年度2回目となる「地域みらい留学」学校説明会がオンラインで7月3日(土)、4日(日)の2日間開催されました。今回はテスト期間中ということもあり、生配信での生徒出演はありませんでしたが、事前に生徒たちが学校生活やインタビュー等を撮影してくれた動画を流すことで本校の取組が良く分かってもらえるように工夫をしました。視聴してくださった全国の中学3年生のみなさん、8月7日(土)には、オープンキャンパスがあるので、ぜひ本校へ来てくださいね。待ってます!

 

 

 

 

 

2021年07月04日

「第1回いじめ対策委員会」を実施しました。

 7月2日(金)「第1回いじめ対策委員会」を実施しました。最初に今年度の基本方針を確認した後、各年次、福祉専攻科及び保健室より、現状と気づき等について情報交換を行いました。そして、スクールカウンセラーの名村先生や西村PTA会長さんからも御助言をいただきました。本校は普段の授業や部活動、さらには寮生活等を通して「いじめ」や「いじり」を未然に防ぐために生徒へのきめ細かな指導を行ってはいますが、「これだけやっているからいじめはないであろう」と慢心するのではなく、「いじめはある」という前提に立って、これからも様々な未然防止対策を講じていくよう、改めて共通理解を図ることができました。

 

 

2021年07月02日

「ブルー&グリーンプロジェクト2021in周防大島 ビーチクリーン&シンポジウム」が開催されました。

 6月27日(日)「ブルー&グリーンプロジェクト2021in周防大島 ビーチクリーン&シンポジウム」が開催されました。午前中はシーボルト上陸地付近の海岸のごみ拾いを、午後からは『海の豊かさを周防大島における近未来の生活デザインに活かす~SDGsから白木半島地区の可能性を探る~』と題して、シンポジウムが行われました。もともと、この企画は山口県立大学の水谷由美子先生によるものですが、シンポジウムのコメンテーターとして安倍昭恵さんにもお越しいただき、会場に集まった皆さんと活発な意見交換を行いました。なお、テスト前にもかかわらず、本校の生徒たちも、海岸清掃やシンポジウムに積極的に参加し、最後に安倍昭恵さんと記念写真を撮らせてもらいました。とても良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

2021年06月27日

「周防大島高校を支援する会の定例会」が開催されました。

 6月25日(金)「周防大島高校を支援する会」が開催されました。今年度は寮費、通学費、勉強合宿の費用以外にも「公大高包括連携協力に係る協定」も加わって、本校生徒のために経済的な支援をしていただけることになりました。本当に周防大島町には感謝です。

 

 

2021年06月25日

環境科学Ⅱ(環境コース)

 3年次環境コースの生徒が学ぶ環境科学Ⅱの授業では、水槽の組み立てを行いました。
取扱説明書とにらめっこをしながら頑張って、何時間もかかりましたが無事完成しました。そして、完成した時の喜びはひとしおでした。
この水槽で何を飼育するかはまだ秘密です。8月7日(土)のオープンキャンパスで展示しているので、中学生はぜひ見に来てください。

 

 

 

 

2021年06月23日

ペリースクールとのオンライン交流会

 6月22日(火)、2年A組の生徒6名がペリースクールの生徒とオンラインで交流会を行いました。本来は昨年度実施する予定でしたが、コロナ禍の影響で計画しては延期を繰り返し、やっと実現できました。交流会は、お互いの国の文化についての紹介やクイズで盛り上がりました。相手に楽しんでもらえるよう、話し方や身振り手振りも工夫して練習してきた成果が発揮できたと思います。異文化だけでなく、日本の文化についても理解を深めることができ、大変有意義な時間を過ごしました。

 

 

 

 

2021年06月22日

「アロハビズ」がスタート!

 例年、周防大島町は6月22日から町を挙げてアロハシャツで働く「アロハビズ」を実施していますが、今年度から本校でも「アロハビズ」を実施することとしました。公大高包括連携協定の第1弾として「アロハプロジェクト」を進めていますが、その「オリジナルアロハシャツ」完成に先駆けて、教職員がカラフルで南国ムードを演出する「アロハシャツ」を着ることで、機運醸成につながればとの思いです。そして、そのことが最終的に地域の活性化にもつながっていいけばと願っています。
スタート当日、多くのマスコミの方から取材を受けました。素敵な花柄のアロハシャツを着てピースサインを送っているのはALTのウェン先生です!

 

 

 

 

2021年06月22日

文化祭

 6月17~18日の二日間、文化祭を実施しました。初日は合唱コンクール、2日目は文化部、家庭クラブ、アロハ・フラ島高やクラスのステージ発表、有志企画やクラス企画を行いました。今年度は一般公開とはなりませんでしたが、一人一人が「今だからできること」を実践できたように思います。来年度はさらによいものにして、多くの方に御覧頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年06月18日

地域活性化アイデアのたね蒔きました

 10日(木)6限に「フィールドワークⅠ」の授業で「地域活性化アイデアのたね発表会」を行いました。5月13日(木)に周防大島町政策企画課の西村一樹様よりいただいた周防大島の現状と課題についてのご講話をもとに、生徒が地域を活性化するにはどうすればよいかを4つのグループに分かれて、地域活性化アイデアを考えました。この日は西村様と周防大島町商工観光課の吉國歩様のお二人をお招きして、講評をいただきました。発表する前、生徒は緊張していましたが、とてもよい発表ができました。

 

 

 

 

2021年06月10日

教育実習生による卒業生講話

 8日(火)7限に、3年次生を対象に教育実習生による卒業生講話を実施しました。教育実習生として社会人の一歩を踏み出している身近な先輩の実体験を、生徒は真剣に聞いていました。今回の講話を今後の進路選択に生かしてほしいと思います。

 

 

 

2021年06月08日

「地域みらい留学(オンライン)」で本校説明会を実施しました

 5日(土)、6日(日)の2日間、地域に国内留学を検討している全国の中学3年生がオンライン上で集まる「地域みらい留学」に本校も参加し、テーマ別説明会と学校個別説明会を行いました。説明会ごとに約20~30名の中学生が参加してくれました。アロハ・フラ島高の生徒や寮生が本校のPRに力を貸してくれて、とても良い説明会になりました。

 

 

 

 

2021年06月05日

KRY上田アナと一緒 ~アロハ・フラ島高を体験~

 6月4日(金)にKRYさわやかモーニングの取材班が本校を訪れ、上田奈央アナウンサーがアロハ・フラ島高のレッスンを体験されました。
 この日は、アロハ・フラ島高1年次生メンバーも初レッスン!
 上田アナと一緒に講師の小林先生のご指導の下、まずは基本ステップ「カホロ」「カオ」を猛特訓し、最後は何とか1曲通して踊ることができました。
 この様子は、6月9日(水)のKRYさわやかモーニング内で6:10頃から放送される予定です。
 上田アナの素敵な笑顔と、2、3年次生メンバーの華麗なフラをお楽しみに。

 

 

 

 

 

2021年06月04日

「地域の魅力はどこにある?」1年次生が地域の活性化について考えました。

 6月1日(火)、1年次生「総合的な探究の時間」に周防大島町役場 水産課 地域おこし協力隊の 東 純一 様をお招きして「地域の魅力はどこにある?」と題して講演会を開催しました。
 1年次生は「島がすき、学校がすき、そこで生きてる人がすき」をコンセプトとする「島・学・人プロジェクト」に取り組んでいます。その一環として、東様から地域おこし協力隊の活動内容や周防大島の魅力、島高生にとっての周防大島の魅力などについて講話をいただきました。
 生徒は「周防大島の良さが分かった」、「地域の魅力とは誰かが見つけて育てていくものなので、周防大島の魅力を見つけていきたい」、「自分も島の魅力を磨きたい」などの感想を綴っていました。今回の講話を今後のプロジェクトに生かしていこうと思います。

 

 

 

 

2021年06月01日

他県から本校の受験を希望される生徒向けのチラシを作成しました。

 本校は県内で唯一、全国から生徒募集を行っている学校です。そこで、自然豊かな本校の魅力がたっぷりと詰まった「生徒募集用チラシ」を作成しましたので御覧ください。なお、「地域みらい留学」というを御利用いただくと、随時、本校の様子がオンラインで直接確認できたり、疑問にお答えもさせていただきます(第1回目は6月5日(土)、6日(日)。担当者がパワーポイントを使用してプレゼンを行ったり、生徒も登場して本校の魅力を語ります。)。
 

2021年06月01日

野球部後援会が開催されました。

 今年度新たに、後援会長に周防大島町の藤本浄孝町長さんをお迎えして、野球部後援会が開催されました。当日は、藤本会長さんをはじめ前会長の椎木前町長さんもお越しくださり、今年度の事業計画や予算案等の話し合いがなされました。また、3年生の蔵前キャプテンが夏の甲子園予選を迎えるに当たっての決意をしっかりとした口調で述べました。OBのみなさん、また本校野球部ファンのみなさん、今年の夏はかなり期待できそうですよ!

 

 

 

 

2021年05月31日

「アロハ・プロジェクト」キックオフ!!

 山口県立大学国際文化学部長の水谷由美子教授をお招きし、「アロハ・プロジェクト」のワークショップを行いました。
 このプロジェクトは4月28日(水)に結ばれた「公大高による包括的連携協力に関する協定」の最初の取組となります。周防大島の特徴を活かした「オリジナルアロハシャツ」を製作し、本校や地域の魅力アップにつなげることを目的としています。
 本日はアロハシャツの歴史やデザインについて教えていただいた後に、生徒たちは「周防大島」、「アロハシャツ」、「みかん」、「ニホンアワサンゴ」についてのイメージを出し合いました。「周防大島は人が温かい」や「色落ちを楽しめるアロハシャツがあるといい」など様々な意見が出ました。
 生徒たちは、「アロハ・プロジェクト」の次の活動も楽しみにしています。

 

 

 

2021年05月28日

2021「アロハ・フラ島高」始動!

 ハワイカウアイ島と姉妹島の周防大島にある本校には、全国でも珍しいフラチームがあります。全校生徒が参加可能な生徒会活動として、現在11名の生徒が活動しています。
 昨年度は新型コロナウイルス感染拡大のため、地元で開催されるフライベント、「サタフラ」をはじめ、多くのステージが中止となりました。今年度は充分な対策の下、目指していたフラの全国大会「フラガールズ甲子園」も開催されることになり、5月25日(火)より参加に向けてレッスンを開始しました。 レッスン初日の様子は、多くの報道関係の方々から取材を受けました。
 地域に笑顔を!全国に島高の元気を発信!
 素敵な笑顔でステージに立てるよう、講師の小林一恵先生ご指導の下、レッスンに励みます。みなさま応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2021年05月25日

第1回学校運営協議会を開催しました。

 令和3年度第1回学校運営協議会を開催しました。本校から学校の現状、学校経営計画等について説明させていただき、委員の方々から貴重な御意見を頂戴しました。

 

 

 

 

 

 

2021年05月25日

中国大会・高校総体壮行式を行いました。

 令和3年度中国大会・第72回山口県高等学校総合体育大会の壮行式を行いました。各部活動の部長が壇上に上がり、大会への決意表明をしました。今年度は新型コロナウイルス感染防止対策のために、入場制限がかかっておりますが、出場する皆さんの活躍と武運を心からお祈りしております。

 

 

 

2021年05月21日

クリーンウォークを行いました。

 第1回考査の最終日、恒例のクリーンウォークを行いました。テスト明けで疲れているにもかかわらず約80人の生徒たちが、安下庄の街中でゴミ拾いを行いました。途中で地元の人たちとも明るい挨拶を交わしながら、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

2021年05月19日

PTA講演会・PTA総会を開催しました。

 新型コロナウイルス感染症予防対策を徹底しながら、PTA講演会・PTA総会を実施しました。PTA講演会では、山口県地域連携教育エキスパートの松田靖先生をお招きして、「地域に愛され、地域とともにある周防大島高校~未来をつなぐコミュニティ・スクール~」という演題でお話をいただきました。

 

 

 

2021年05月15日

周防大島町はどんなところ?

 5、6限目のフィールドワークⅠの授業に、周防大島町政策企画課の西村一樹様をお迎えし、2年次生普通科普通コース生徒、地域創生科生徒を対象に、周防大島の現状と課題についてご講話いただきました。生徒は今後、周防大島町の抱える課題について、高校生の柔らかい頭と視点で、課題解決のたねを作っていく予定です。

 

 

 

2021年05月13日

校納式を実施しました。

 それぞれの大会の結果を受けて、以下の部が賞状・優勝旗等を校納しました。
  ボート部 第65回中国高等学校選手権山口県予選会 シングルスカル優勝
  アーチェリー部 中国高等学校選手権大会山口県予選会 団体第3位
                            個人(女子)第3位
  硬式野球部 令和3年度柳井市長旗争奪高校野球大会 優勝
 なお、アーチェリー部とボート部は中国大会への出場も決まりました。

 

 

 

 

2021年05月11日

生徒総会を実施しました。(全年次)

 今年度の生徒総会は、体育館で開催しました。体育館での開催は2年ぶりで、生徒会執行部を中心に、学校をより良くするために様々な協議を行い、有意義な生徒総会となりました。

 

 

 

2021年05月11日

県外にお住まいの皆様方へ(学校指定のふるさと納税のお願い)

学校指定のふるさと納税の御案内(県外在住の方対象)

 山口県では「ふるさとの学校や後輩たちへの応援をお願いします!」という項目で、県外在住の方からの「学校指定のふるさと納税」を募集しています。ぜひ、母校の生徒たちのために、御支援・御協力いただくことで、本校の更なる応援を宜しくお願いします。


 


2021年05月10日

ニホンアワサンゴについての講義を受けました(3年次環境コース)

 周防大島でニホンアワサンゴの調査・研究をされている藤本さんが環境科学Ⅱの授業に来てくださいました。
 昨年度も、地蔵ヶ浦の段々畑での水仙の球根植えや杏子の植樹などでお世話になりましたが、今回は、周防大島に日本最大の群生地があるニホンアワサンゴについて講義をしていただきました。普段見ることができない水中映像を見せていただけたことで周防大島の環境への興味・関心がさらに深まったと思います。ありがとうございました。

 

 

2021年05月10日

スマホ・ケータイ安全教室を実施しました。(全年次)

 スマホ・ケータイ安全教室を実施しました。

 今年度は、各HR教室に設置している電子黒板にオンラインで講師の方をつないで講演をして頂きました。

 オンラインでの講演は初めての試みでしたが、生徒は真剣に講話を聞いていました。柳井警察署の方も御来校していただき、スマートフォン等の取り扱いについて、身近な例を挙げながら説明して頂きました。

 今後の取り扱いについて注意しながら使用しましょう。

 

 

 

2021年05月07日

公大高包括連携協力に関する協定が結ばれました。

周防大島町(公)、山口県立大学(大)及び本校(高)で、「公大高包括連携協力に関する協定」を結ぶこととなりました。4月28日(水)に周防大島町役場において調印式を行い、これから先、相互に連携を深めながら、地域活性化に努めるとともに、積極的に本校の魅力を県内外に発信していくことを確認しあいました。

 

 

 

 

 

2021年04月28日

新入生による嵩山(だけさん)ハイキングが行われました。

初めて会った生徒どうし早く打ち解けあえるように、新入生ハイキングを行いました。ハイキングと言っても標高618mもある「大島富士」と異名をもつ「嵩山」の山頂まで登山を行ったので、みんなクタクタになっていました。でも、山頂からの眺めは最高で、全員が大きな声を張り上げ、高校生になっての抱負を叫びました。

 

 

 

 

 

 

 

2021年04月14日

令和3年度入学式が挙行されました。

普通科41名、地域創生科16名、福祉専攻科8名が新たに周防大島高等学校生の仲間入りをしました。式には、お忙しい中、山口県議会議の柳居俊学議長も駆けつけてくださり、新入生に対してお祝いのメッセージをくださいました。

 

 

 

2021年04月08日