「周防大島町 地域循環共生圏プラットフォーム事業」スタート

今年度より本校独自の学校設定教科「地域創生」の授業において、(株)YMFG ZONEプラニング(通称YM-ゾップ)様に加わっていただき周防大島町の「地域循環共生圏プラットフォーム」づくりを行っていきます。具体的には①本校と連携した地域循環共生圏教育モデル(ESD)の推進、②ニホンアワサンゴ等の自然保護・資源活用強化事業、③民間企業と連携した自然の保全・地域資源活用プロジェクトの推進、などです。そのため、これから沢山の企業、団体、個人、さらには国や県、町などの行政にも関わっていただかなければならないため、まずは一番のコアとなる関係者((株)YM-ゾップ、環境省、周防大島町、EPOちゅうごく、(株)KAIKA等)に集まっていただき意見交換会を行いました。また、本校「地域創生」の授業も見学してもらい、多いのアドバイスもいただきました。

 

 

 

 

 

2022年09月14日