Topics:新着情報(久賀校舎)

バドミントン大会

 8月27日(金)の午後、レクリエーション援助技術の授業において、1・2年合同でバドミントン大会を実施しました。先生方も交えてチーム編成をし、試合を行いました。夏休みで少し体がなまっていましたが、運動不足を解消することができました。感染症対策、熱中症の対策をしっかりと取ったうえで、さわやかな汗をかき、身も心もリフレッシュさせることができました。

 

 

 

2021年08月27日

情報モラル教室がありました。

 8月24日(火)、情報モラル教室がありました。KDDI株式会社から田口 実様を講師としてお招きし、安心・安全なスマホ・ケータイの使い方について話をしていただきました。
 実話をもとにした「ゲーム依存」や「自画撮り被害」などの動画も視聴し、生徒もスマホの怖さを感じることができたのではないかと思います。トラブルや被害に遭わないためには「安易に撮らない!載せない!送らない!」ことが重要だそうです。代表生徒が「ケータイは便利なものだが、使い方によっては大きなトラブルのもとになるので気をつけたい。」と謝辞を述べました。

 

 

 

2021年08月24日

第2学期が始まりました。

 8月24日(火)、第2学期始業式を行い、校長先生から「磨斧作針」の話をしていただきました。この四字熟語は、惜しまずに努力し続ければ、困難なことでも必ず成就することのたとえです。若い頃の李白が、鉄の斧を磨いて針を作ろうとしている老女の行動から努力・根気強さを学び、学問に励むようになったという故事が語源だそうです。福祉専攻科では、9、10月と介護実習があります。生徒は、専門的な知識、高い技術を身に付けるために、根気強く励んでいきます。
 8月に福祉専攻科長の藤本 愛先生が、「福祉教育の充実発展に寄与された」ということで、全国福祉高等学校長会から表彰を受けましたので、始業式に先立って藤本先生の表彰式を行いました。式において、藤本先生が生徒への感謝の言葉と、福祉教育のさらなる発展に向けて決意を述べられました。

 

 

2021年08月24日

心の健康に関する講話「SOSの出し方」

 7月21日(水)、心の健康に関する講話「SOSの出し方」がありました。講師は、本校のスクールカウンセラー名村高美先生。名村先生から『いのちや暮らしの危機に直面した時、誰にどうやって助けを求めればよいのか』を学びました。後半は、臨床動作法を実践し、日常生活で無意識のうちに入ってしまう身体の力(ストレス)に気づき、自分の力で抜くことを体験しました。生徒たちは十分リラックスできたようで、眠りに落ちてしまいそうになる生徒もいました。日頃から無駄な緊張をほぐし、ストレスをためないことは重要ですね。

 

 

 

2021年07月21日

防火防災避難訓練、消火器使用訓練

 7月21日(水)、防火防災避難訓練を行いました。全員、冷静かつ迅速にグラウンドに避難することができました。その後、水消火器を使って消火訓練を行いました。いざという時、落ち着いて消火器を使えるようになっておくことは大事だと思います。全員が交代で、消火器の使い方を体験しました。一人ひとりが真剣に取り組み、命の大切さを学ぶことができました。

 

 

 

2021年07月21日

終業式&スイカ割り

 7月21日(水)、1学期終業式があり、校長先生から四字熟語「啐啄同時」についてのお話をしていただきました。「啐」は、鳥のヒナが卵からかえろうとするとき、中から殻をつつくこと。「啄」は、親鳥が外から殻をつついてこわすこと。この「啐」と「啄」とが同時にあったときに、はじめてヒナが生まれるように、師弟の関係でも、『学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じる』ということだそうです。福祉専攻科もこの「啐啄同時」の精神で、暑い夏を乗り越え、介護福祉士国家試験合格に向けて邁進したいと思います。
 終業式のあと、1学期最終日の恒例行事「スイカ割り」を行いました。一人ずつ順番に、目隠しをしてスイカのところまで歩いて行き、割ろうとするのですが、なかなかうまく割れません。しかし、最後は見事に割れ、みんなでおいしくいただきました。

 

 

 

 

2021年07月21日

第2回オープンキャンパスを実施しました。

 7月17日(土)、福祉専攻科の第2回オープンキャンパスを開催しました。はじめに、2年次生が手話を使って福祉専攻科の紹介を行い、その後、福祉体験・施設見学を実施しました。参加生徒に、各種の車いす乗車、介助の負担を軽減する便利な機械や用具の活用体験、特殊浴槽の介助体験してもらいました。各体験や見学をすることにより、介護福祉に関する興味をさらに高めてもらえたのではないかと思います。11月13日(土)には、第3回オープンキャンパスを開催します。高校生だけでなく、地域の方々に参加いただける内容を計画していますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 

2021年07月17日

「生活と郷土料理」で調理実習をしました。

 介護福祉では、生活を支援するため、家事や食に関する知識・技術を必要とします。福祉専攻科では、「生活と郷土料理」という家庭科目でそれらを学んでいます。
今回の授業では、「地域実践」の中で栽培した玉ねぎを使ってハンバーグを調理しました。自分たちで育てた野菜や旬の食材を使うことで、よりおいしさを実感できました。

 

 

 

 

2021年07月12日

「医療的ケア」の講義を受けました。

 福祉専攻科では、医師・看護師を外部講師として招き、「医療的ケア」を実施しています。「医療的ケア」は、介護福祉士国家資格を取得するための必須科目です。二年次生が、「たんの吸引で用いる器具・器財とそのしくみ」、「吸引の技術と留意点」について、特別養護老人ホーム白寿苑の主任相談員 石原真一郎様から講義を受けました。また、石原様には、「社会人としての心構え」や「介護福祉士の仕事の尊さ」についても話をしていただきました。

 

 

 

 

2021年07月12日

第2回オープンキャンパスを実施します。

 7月17日(土)に第2回オープンキャンパスを実施します。本校への進学を希望される方、介護・福祉に興味のある方等、多数の参加をお待ちしています。在校生が体験学習の企画、施設案内をいたします。ぜひ生で見て、介護・福祉の世界を知っていただきたいと思います。

 

 

2021年07月12日

2年次生は特別養護老人ホームで介護実習を行いました。

 6月7日(月)~18日(金)に2年次生は、特別養護老人ホームで介護実習を行いました。2年次生の実習はより専門的になり、担当利用者の受け持ち、介護計画の立案と実践を行っています。介助やコミュニケーションを通して、利用者の情報を集めながら、その方に必要な介助や支援方法を考えるなど、利用者理解を深めようと頑張っています。

 

 

2021年06月18日

1年次生がデイサービスセンターで介護実習を行いました。

 6月7日(月)~18日(金)、1年次生がデイサービスセンターで介護実習を行いました。生徒一人ひとりが高齢者向けのレクリエーションを計画し実施をさせていただきました。利用者の方に楽しんでいただく工夫を凝らし、実施の際はたくさんの笑顔を見ることができました。

 

 

 

2021年06月18日

福祉の出前授業に行きました。

 6月17日(木)、久賀小学校に福祉の出前授業に行き、5年生に「高齢者の体の動き」を体験してもらいました。ゴーグルをつけると、視野が狭くなったり、色の見分けがつきにくくなります。軍手をはめると、指先の動きが悪くなり、細かい作業がうまくできません。拘縮具を装着すると、ひじやひざの関節が曲げにくくなる体験ができます。年を取ると思うように体が動かなくなるので、高齢者をいたわることがいかに大切かを知ってもらうことができたと思います。

 

 

 

2021年06月17日

第1回オープンキャンパスを実施しました。

 6月12日(土)、福祉専攻科のオープンキャンパスを実施し、生徒、保護者、教員で計21名の参加がありました。参加者には、体験授業を通してコミュニケーションの重要性を知っていただきました。また、施設見学では、充実した設備に驚きの声も上がっていました。7月17日(土)に、第2回オープンキャンパスを実施します。多くの方に参加していただき、介護福祉の魅力を感じていただきたいと思います。

 

 

 

2021年06月12日

第1回オープンキャンパスを実施します。

 6月12日(土)、福祉専攻科のオープンキャンパスを実施します。
 日程  12:30~    受付
     13:00~13:15 校長挨拶 学科説明
     13:15~13:55 体験授業
     14:00~14:20 施設見学
     14:20~    個別相談(自由参加)
 多くの方の参加をお待ちしております。

 

 

2021年06月04日

施設で介護実習を行いました。

 5月24日(月)~28日(金)に、1、2年次生とも福祉施設で介護実習を行いました。5つの施設に1~3人ずつに分かれて実施させていただきました。実習前に一人ひとりが「決意表明」をし、実習に臨みました。1年次生にとっては、福祉専攻科に入って初めての施設実習でした。はじめは不安もありましたが、徐々に慣れていき、とても充実したものになりました。

 

 

 

 

2021年06月02日

立派な玉ねぎがたくさん採れました。

 福祉専攻科には「地域実践」という科目があり、その授業において玉ねぎを収穫しました。野菜作りも福祉専攻科にとっては大事なことです。こうした活動は、農家や畑をされてきた利用者の方々との関わりのきっかけになることや利用者の生活支援をしていく時のツールの1つとなる場合があります。アメリカコロラド大学の研究で、土に触れると癒されるということが科学的に実証されているそうです。現在、さつまいも、スイカ、ピーマン、トウモロコシ、トマト、きゅうり、オクラ等、たくさんの農作物を育てています。

 

 

 

 

 

2021年06月01日

デイサービス実習事前講話が実施されました。

 5月10日(月)、1年次生のデイサービス実習に備え、2施設から3名の方を講師としてお招きし、事前講話をしていただきました。「元気のよい挨拶」、「笑顔で接すること」、「積極的な声掛け」など、実習への取り組み方についてお話をしていただきました。また、質疑応答(グループワーク)では、生徒の質問に対して、懇切丁寧に回答してくださいました。

 

 

 

2021年05月10日

生活支援技術の授業でベッドメイキングをしました。

 4月22日(木)、生活支援技術の授業で、1、2年次合同のベッドメイキングの実習を行いました。1年次生にとって初めての実技の授業でした。2年次生に指導をしてもらい、何度も練習した結果、1年次生も次第に手際よくシーツ交換を行うことができるようになりました。

 

 

 

 

2021年04月22日

避難経路の確認を兼ねたハイキングを行いました。

 久賀校舎の生徒、教職員は、津波災害時に高台に避難することにしています。そこで、4月13日(火)に避難経路の確認を兼ねたハイキングを行いました。避難場所までの山道は景色のきれいなハイキングコースになっていて、日頃の運動不足が解消されました。下山後は、ボランティア活動の一環として、学校周辺のゴミ拾いをしました。

 

 

 

2021年04月13日