福祉の出前授業に行きました。

 6月17日(木)、久賀小学校に福祉の出前授業に行き、5年生に「高齢者の体の動き」を体験してもらいました。ゴーグルをつけると、視野が狭くなったり、色の見分けがつきにくくなります。軍手をはめると、指先の動きが悪くなり、細かい作業がうまくできません。拘縮具を装着すると、ひじやひざの関節が曲げにくくなる体験ができます。年を取ると思うように体が動かなくなるので、高齢者をいたわることがいかに大切かを知ってもらうことができたと思います。

 

 

 

2021年06月17日