立派な玉ねぎがたくさん採れました。

 福祉専攻科には「地域実践」という科目があり、その授業において玉ねぎを収穫しました。野菜作りも福祉専攻科にとっては大事なことです。こうした活動は、農家や畑をされてきた利用者の方々との関わりのきっかけになることや利用者の生活支援をしていく時のツールの1つとなる場合があります。アメリカコロラド大学の研究で、土に触れると癒されるということが科学的に実証されているそうです。現在、さつまいも、スイカ、ピーマン、トウモロコシ、トマト、きゅうり、オクラ等、たくさんの農作物を育てています。

 

 

 

 

 

2021年06月01日