心の健康に関する講話「SOSの出し方」

 7月21日(水)、心の健康に関する講話「SOSの出し方」がありました。講師は、本校のスクールカウンセラー名村高美先生。名村先生から『いのちや暮らしの危機に直面した時、誰にどうやって助けを求めればよいのか』を学びました。後半は、臨床動作法を実践し、日常生活で無意識のうちに入ってしまう身体の力(ストレス)に気づき、自分の力で抜くことを体験しました。生徒たちは十分リラックスできたようで、眠りに落ちてしまいそうになる生徒もいました。日頃から無駄な緊張をほぐし、ストレスをためないことは重要ですね。

 

 

 

2021年07月21日