終業式&スイカ割り

 7月21日(水)、1学期終業式があり、校長先生から四字熟語「啐啄同時」についてのお話をしていただきました。「啐」は、鳥のヒナが卵からかえろうとするとき、中から殻をつつくこと。「啄」は、親鳥が外から殻をつついてこわすこと。この「啐」と「啄」とが同時にあったときに、はじめてヒナが生まれるように、師弟の関係でも、『学ぼうとする者と教え導く者の息が合って、相通じる』ということだそうです。福祉専攻科もこの「啐啄同時」の精神で、暑い夏を乗り越え、介護福祉士国家試験合格に向けて邁進したいと思います。
 終業式のあと、1学期最終日の恒例行事「スイカ割り」を行いました。一人ずつ順番に、目隠しをしてスイカのところまで歩いて行き、割ろうとするのですが、なかなかうまく割れません。しかし、最後は見事に割れ、みんなでおいしくいただきました。

 

 

 

 

2021年07月21日